看護師紹介会社ランキング

転職病院の診療科目一覧

■小児科の看護師転職

小児科への転職を希望する看護師は、若く経験の浅い人のほうが多いようです。 ですが、実際の現場を見てみると、大病院でも小さなクリニックでも、経験の浅い看護師とベテラン看護師の両方が活躍していると言えます。

経験の浅い若い看護師の場合には、保育園や幼稚園の先生のようなフレンドリーな感覚で子供に接する事ができ、また、ベテラン看護師になると母親のような暖かさで接する事ができるため、両者とも小児科にとっては必要な存在となっているようです。 ですから、小児科の看護師募集状況を見ると、年齢制限等は特に設けられていないようです。

ただ、今日に至る少子化の影響を受け、小児科自体がそれほど多くないため、求人数も爆発的に多いというわけにはいかず、どちらかというと小さな小児科は、内科と併設されているといった形が多いようです。 また、限られた小児科看護師募集の枠に、多くの看護師が殺到してしまう傾向にあるため、なかなか思うように転職ができないという事もありうるのです。 そして、大病院などの場合には、小児科を希望して入職したのに他の科へ配属になってしまった・・・などという事も現実にはあるのです。

このような事態に対応できるのが、転職エージェントなのです。 看護師専門の転職エージェントでは、難しいとされる転職さえも、見事に成功させている実績が多数あるのです。 ですから、困難を極めると予想される、小児科への転職には、転職エージェントの利用をお勧めします。

大病院などの場合には、看護師を新規で一斉に採用し、その後、希望を考慮した上で配属の科が決まるといった形になるようですが、この際に小児科を希望しても他の科になってしまう事が多々あります。 ローテーションによって配属が変更されていくようですが、それも思うように行かないというのが現状です。 このような問題にも、転職エージェントを利用すれば、希望が通る可能性が高くなるのです。

転職先として選んだ病院での希望配属先はもちろん、入職時期なども詳細に交渉をしてくれるのが転職エージェントなのです。 もちろん、小さなクリニックの場合にも同じく、さまざまな交渉を看護師に代わって行ってくれますので心配はいりません。

キャリアを生かして転職、またはこれから知識と技術をさらに向上させたいと願って転職するのであれば、そういった希望がしっかりと反映される転職先を見つけ出す必要があり、また、成功させる必要があるのです。 そのためにも、転職エージェントを上手に利用し、新しいキャリア形成をはかってください。


看護師紹介会社ランキング!口コミで評価が高い業者はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師紹介会社ランキングの最新版2位以降をチェックする!<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 看護師紹介会社ランキング All Rights Reserved.
[科別] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 眼科 耳鼻科 循環器科 歯科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科
[他サイト] 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ おたすけナース カンゴシティ メディカルカフェ メディカルキャスト Medico eナース 介護求人セレクト ナースコンシェルジュ かんごしゴトステーション ジョブデポ ナーススクエア ナースバンク Wメディカル エルユーエス 看護のお仕事 カンゴワークス スーパーナース ナースアシスト メディカルフォレスト 医療21 メディサポ 看護師求人マイサーチ ジョブテン CBネット ナースジャパン プラス看護師 ナースエクスプレス メディカルOne スマイルナース ハートフルナース ナースバンクキャリア かんご畑 ナースキャリア ジョブメドレー 看護seek キララサポート グッピー ナイチンゲール ナース専科 ナースセンター ナース・トータルサポート Win'sハローナース インパクトファクター マイサーチ 看護師転職支援.net FAナース とらばーゆ看護 看護ジャパン DODAナース 看護師プロ 医療WORKER 看護師求人ひろば メディカル・ラポール 求人ER メディカルキュービック