職場別の保健師の求人事情は?

職場別の保健師の求人事情は?/h2>

一般病院の保健師求人

一般病院で保健師が働く場合、独立業務専従の求人はとても少ないものです。無事に採用されて働き出すと、看護師のしごとばかりやらされてるいうケースが多いようです。病院に保健師とし働く場合、併設された健診センター健康管理管理室への配属を自ら希望しましょう。採用の段階でしっかりとした意思表示をしておかないと、せっかくの転職が失敗に終わることにもなりかねません。

一般病院での採用というのは、看護師と同じ求人先になるので保健師として働くことが曖昧になってしまうのです。一般病院の保健師求人探しに必要なものは、求人と職場に関する情報です。転職後に「こんなはずではなかっった」とのミスマッチを防ぐためにも転職サイトなに登録しきちんとした情報収集をおこないましょう。

一般病院で働く保健師の仕事は、多岐にわたります。総合病院の場合、診療科目も多いので子供から大人、高齢者までの健康管理をおこないます。病気にならないための健康管理、指導が保健師の仕事です。健診センターが付属している病院なら、健康診断の際のアドバイスをおこない、小児科がある病院ならば、予防接種の際のアドバイスなどをおこないます。訪問看護をしている病院なら、実際に訪問して健康指導をする必要があります。

このように総合病院にある診療科目によって、保健師の仕事は大きく変わってきます。入院している患者への健康管理や保健指導など看護師とは違う視点でアドバイスをしながら、病気を予防していくこともあります。看護師が忙しいときは、看護業務を任される場合もあります。保健師としての業務が、それほどないときなどは看護業務が多くなるといわれています。

「私は、保健師として働きたいから看護師の仕事はできません。」とは一度働いてしまうと言いにくくなるものです。せっかく習得した資格を生かせないのであれば、なんのために転職したのかわかりません。このようなことがあれば、当然「こんなはずではなかった」と退職してしまう人がいるのも頷けます。しかし、病院でも保健師の役割が高まっている傾向にありますから、今後も活躍する場所が増えてくることは確かでしょう。

給料面では、看護師とさほど大きな開きはありません。そマンパワーがある事が特徴で、保健師の人数は他の企業や施設よりも多めです。その為、妊娠中や子育て中の保健師も多く急な休みでもフォロー体制が整っています。また、自分のライフスタイルによって科を異動することもできます。ライフスタイルを重視したい方には、非常に助かる職場環境とといえるのではないでしょうか。

クリニック・診療所の保健師求人

保健師としての働き先は行政保健師や学校保健師や企業保険などがありますが、その他人気がある職場としてクリニックや診療所があります。クリニックは開業医としてやっている個人クリニックから全国展開するクリニックまで様々ですが、転勤などの心配もなく地域密着型で仕事内容も安定していますから、個人クリニックへの保健師として就職を希望する人が増えてきています。

しかし、クリニックで働く保健師がいることは世間ではあまり 知られていません。地域のクリニックや診療所でも保健師として働いている方は沢山います。クリニックで働く場合、そのクリニックがどのようなことを専門にしていているかで仕事の内容は大きく変わってきます。保健師は医療行為をおこなうことはありませんが、補助行為はおこなえるのでそのような役割を求められることがあります。クリニックや診療所で働く場合、事前にどのような職務になるか?きちんと把握しておく必要があります。

医療機関で保健師のニーズは年々高まってきています。大きな総合病院から、小規模なクリニックや診療所までの求人も多くみられるようになってきました。需要が高まる理由としては、社会が健康に関する関心が非常に高まってきていることにあります。メタボリック症候群などの生活主観病やメンタルヘルスが社会問題になってきています。それらに対する専門家として保健師が求められているのです。クリニックや診療所は地域に密着した医療を提供しています。往診をおこなっている所もありますから、これらは保健師が専門としている状況把握をして適切なサービスを提案するという分野ですから多いに役立てることができますね。

また、小規模なところでも人間ドックをおこなっているところもあります。健康指導は保健師からもおこなうことができますから、医師の仕事を軽減することにもなりますから保健師を配属させているクリニックもあるようです。また、クリニックというのは個人経営ですから、給料や待遇面でも大きな差が生じます。できるだけ好条件な求人を見つけるためには求人サイトに登録することをおすすめします。

一般的に表に出ていない情報もチェックすることができますし、分かりにくいクリニックの保健師のお仕事も詳しく教えてくれます。面接での傾向と対策や、履歴書の書き方などのアドバイスもしてくれますし、自分では聞きにくい給料や待遇面での相談も、求人サイトの転職コンサルタントに任せることができます。できるだけ好条件な求人をみつけるには、求人サイトに登録することが転職の近道にもなりますね。

役所内の保健師求人

役所内の保健師の求人は、大変人気のある求人です。役所は課別に業務が確立され、市役所勤務という行政保健師の立場からも働きやすく、安定性があるからなんです。市役所内で働く保健師は、一度就職すると定年まで長く働く傾向があります。求人は多くはなく、狭き門とされています。情報量も少ないので、求人サイトに登録して、スタッフ人事異動がある時期や求人が出やすい時期などを、コンサルタントに教えてもらい把握することが転職への近道になります。

役所で保健師は、幅広い年齢層の地域住民を対象として健康増進のための業務をおこないます。健康窓口の対応や家庭訪問を通じて地域で生活する人々の健康の増進をおこなっているのです。健康相談課では、市役所の窓口や電話で様々な健康に関する相談を受け付けています。身体的な健康面だけでなく、精神的な健康、心の健康面について対応します。最近のストレス社会では、メンタルヘルスも重要視されているので役所でも力をいれています。

また、健康教室の企画や開催、地域単位で健康に関する様々なジャンルの教育を企画、開催するのも保健師の仕事になっています。保健師には、子供と親に関する業務もおこなれています。母子手帳の交付や赤ちゃん訪問、家庭訪問なども保健師の仕事です。母子家庭の交付では、その際に保健師は、妊娠生活を送るうえでの注意点や健康を守りながら元気な赤ちゃんを産むまでのアドバイスをおこないます。

赤ちゃん訪問、家庭訪問では赤ちゃんが生後一か月〜三か月のころに保健師は家庭訪問をおこないます。赤ちゃんの発達状態や赤ちゃんの体調、お母さんの体調、育児状況メンタル面でのサポートをしながら、お母さんの悩みや相談にのります。虐待や産後うつにあるケースがある場合はすぐにフォローをおこないます。

役所で働く場合、保健師は公務員扱いとなりますので、長く勤めれば長く務めた分だけ、決められた段階通りに安定的に昇進していきます。国家公務員として採用された場合は、国家公務員一般職の給料が適用され、年収は500万円〜600万円が相場と言われています。このように、役所の保健師の待遇は、かなりの好待遇です。しかし、いいことばかりではありません。

夜勤や医療的なストレスからは解放されるかもしれませんが、人と密に関わりますから、お仕事はそれなりに大変である覚悟は必要です。医療に関わらなくとも、人の命に関わる仕事には変わりありません。それほど、役所で働く保健師の役割は大切で重要なものなのです。

市町村保健センターの保健師求人

保健所の保健師と保健センターの保健師では雇い主が違うことをご存じですか?保健所は、県の施設ですから県職員としての扱いになります。保健センターは、市の施設なので、市の職員扱いとなります。市町村保健センターの保健師になるには、行政保健師としての勤務になりますから公務員試験に合格する必要があります。このため、市町村保健センターに就職するのは非常に難しいことなのです。さらに、勤務するには場所によっては年齢制限もあるので、とても転職のハードルは高いのです。

保健センターでの保健師の場合は、住民一人一人のきめ細やかなサービスがもとめられています。仕事の内容は保健所とさほど変わりはありませんが、保健所の方が広い範囲での住民を対象とすることになります。行政の健康増進に基づく保健事業の他にも母子保健や精神保健、救急医療の他、感染症の予防や食育、保健衛生に関わる業務など保健師の仕事は多岐にわたります。

具体的な内容は、それぞれに勤務する市町村の住民のニーズに合わせたものに決められているので、地域によって色々な特徴があります。私たちがよく利用するサービスをあげると、成人向けの健康診断などがありますね。この他に、お母さんたちがよく利用している乳児健診など市町村健康センターではすべての住民を対象に健康相談や健康教室を開催しているんですね。

保健センターや保健所では、看護師を時々募集しているこもありますが、圧倒的に保健師の求人のほうが多いようです。残業もなく、夜勤もありませんから、オンコールで呼び出されることもありません。給料は、公務員に準じた額が支給されます。保健師イコール保健所での勤務というイメージが浸透しています。それほど、認知度が高いということは人気も高くなります。

市町村保健センターでの転職というのは、先ほども申し上げたように大変難しいものです。転職したい場合は、できるだけ早めに希望して準備を整えておいたほうがよいでしょう。在職中に求人サイトに登録しておいて、仕事を探すというのもいいですね。登録をしている間に、早めに目標をたて、勉強をしておくことが大切です。臨時採用の場合は、必ず公務員を採用するというわけではないので、保健師の資格をもっている場合は転職できる所も多く存在します。その後に、公務員試験を受けて合格し正規職員になるというケースもあるので、あらかじめ転職サイトに登録しておくことをおすすめしておきます。

訪問看護ステーションの保健師求人

訪問看護での保健師の役割は、訪問看護を必要とする患者が健康に日々を過ごすことができるように様々な提案をすることです。患者とその家族が住んでいる地域をつなげて活動をおこなったり、看護師の知識ではできない患者へのアドバイス、健康指導をおこなうのが保健師の仕事です。しかし、看護業務をしながらの保健師業務というのが現状で保健師の仕事だけで働くことは難しいでしょう。

看護業務をしながら、患者に病気や怪我をしないためのアドバイスをしています。看護業務の比重が多いですが、保健師は地域または地区における患者のケア、メンタル面において活動することが可能です。自治体に配属している保健師と連権をとりながら、業務をおこなっていくこともあります。保健師の資格がある人は、病院などで勤務するよりも訪問看護の世界で活躍したほうが資格を有意義に活用できます。

では、訪問看護師と保健師の違いはなんなのでしょうか?まず人に対するアプローチの仕方が変わってきます。訪問看護師は患者の経過を見守り、食生活を改善させ、運動を取り入れ、リハビリを施しその高齢者が健康を取り戻すまでサポートしていきます。保健師は、健康を守ることが仕事です、人々が疾病に苦しまないように寝たきりにならないように、心の病などにも手を差し伸べ専門知識でサポートしていくのです。

保健師は、患者や患者の家族や地域の医療施設などの連絡調整をおこないます。治療のアドバイスや患者や家族からの相談など裏方的な業務も多くあります。訪問看護の場合、総合的に患者をみるのはケアマネージャーの仕事です。しかし、ケアマネージャーというのは福祉の専門職ですから、医療には弱い部分があります。このような場合、保健師の力が必要になってくるのです。

訪問看護における保健師の求人は、訪問看護に比べると少なくなってしまいます。しかし、看護師として働くのもよいですがせっかくなら保健師の職場を生かせる職場を探したいですね。求人サイトに登録しておけば事前に資格を生かせる職場を紹介してくれます。一般的に表に出ていない情報もチェックすることができますし、訪問看護での保健師のお仕事も詳しく教えてくれます。面接での傾向と対策や、履歴書の書き方などのアドバイスもしてくれますよ!自分では聞きにくい給料や待遇面での相談も、求人サイトの転職コンサルタントに任せることができます。

企業内の健診センターの保健師求人

最近は、企業内に医務室をもうけている企業よりも健診センターを設置している企業の方が多くなってきました。従業員の健康管理などを、積極的におこなう企業が多くなってきたからです。企業内に設置された健診センターは会社内に、診療所が設置されているようなものです。メタボリックシンドロームなどの生活習慣病は大きな社会問題になり、その予防のためにも企業は従業員の健康をきちんと管理する必要性が高まってきているのです。

企業レベルで健康を見直す運動をおこなっているので、そこで保健師は大きな役割を担っています。企業は、毎年定期健診などおこなっていますが、日常的な疲労や精神的な負担のケアもするために専門の医師や保健師を常駐させることが最も効率的なのです。企業内である程度のケアをおこなうことができれば、従業員にとっても安心して働ける職場になります。双方にとって大きなメリットになりますね。

企業内健診センターで働くメリットは、夜勤がない事やカレンダー通りに休日を取れることです。常時で帰宅もでき、給料も行政保健師同等程度あるいはそれ以上ともいわれています。多くの保健師が応募する人気の求人となっています。しかし、人気がありますが決して多い求人とは言えません。そして、企業内に健診センターを設置している企業は徐々に増えてはいるもののまだまだ少ないのが現状です。

募集はあっても、応募人数は1人ないし2人程度の求人であることがほとんどです。そのため、健診センターの保健師の求人は非常に競争率が高くなります。競争に勝ち抜くためには、個々に活動するよりも求人サイトを活用するほうがよいでしょう。企業の求人は、非公開であることが多いので求人サイトに応募を委託しています。競争率の高い企業での採用に関するノウハウなども知ることができますし、求人サイトは有効的に活用すべきでしょう。

企業内に設置された医務施設といえども、保健師には相当なスキルが必要になります。企業内で働く保健師は、医療従事者とビジネスマンの二つの顔を持ち合わせています。そのため、ビジネスマナーも求められますし、パソコンスキルも必須となります。

社員の健康管理はデータ化されていますから、パソコンはある程度できたほうがよいでしょう。とはいえ、OL並みのスキルを求められるわけではないので、電子カルテ程度のスキルがあれば大丈夫です。また、高いコミュニケーション能力も要求されます。従業員の健康相談やメンタル面のケアも重要な仕事になってきます。これらの対応をおこなうためには、守秘義務をしっかり守り、しっかりと知識に基づいて対応し、時にはビジネスライクに切り上げられるコミュニケーション能力が必要になるのです。

特別養護老人ホームの保健師求人

老人ホームには、医師が常駐していないのがほとんどで、委託医師が入居者を診ています。老人ホームでの保健師の役割は、委託医師の指示を受けて、日常の様子を見ながら、指示に基づく処置をおこない、入居者の健康管理をすることです。老人ホームで保健師が働くというのは、まだ定着率が低くそれほどニーズの高いものではありません。そのため、保健師としてよりも看護師として働くことをもとめられます。

病院のような、医療行為は少なくなりますが、医療的な処置や、委託医師の診療の補助があります。医療行為は少なる反面、介護職の補助が多くなるのも特徴です。例えば、入浴の着脱をしながら、皮膚の観察・薬の塗布をおこない、排泄介助を手伝いながら、摘便・浣腸・座薬の挿入などします。また、食事時には食事介助をしながら、入居者の状態を把握し、与薬をおこないます。

こうしていつも入居者の身近な存在になりながら、健康相談を受けるなど、業務は多岐にわたります。老人ホームでは高齢者が対象になりますので、高齢者が好きな人、入居者と長期的に時間をかけて関わりたい人、他のスタッフとチームになって取り組むことが出来る人、ターミナルケアに関心がある人に向いています。老人ホームで働くメリットは、病棟のように夜勤がないことです。残業もほとんどなく、プライベートな時間が増えます。お子さんがいる人にもに働きやすい職場だといえます。

日勤の割に高い収入が得られ、また役職なしでも高い収入を確保できることです。病院のような医療行為があるわけではないため、精神的な負担も減ります。デメリットは、保健師や看護師がメインの職場ではないため、仕事に専念できないことや、介護の補助が多くなるため、体力的に疲れるこです。また、医師が常駐していないため、プレッシャーを感じる事もあるかも知れません。入居者の中には、認知症の方も多く、コミュニケーションがスムーズに取れない事もあります。その為、処置やケアに協力してもらえず、困難になる場合があります。認知症の方に向き合えない人、理解がない人には向かない職場です。

なかなか、ニーズの低い仕事ですから求人を見つけることは難しい職種です。求人サイトに登録してより求人に幅をもたせることが大切になってきます。まずは、求人サイトに登録してコンサルタントに求人をさがしてもらうところからはじめてみましょう。求人サイトに登録すれば、専任のコンサルタントがこのようなお悩みにきちんと対応してくれます。

地域包括支援センターの保健師求人

地域包括センターは、色々な資格を保有している人が活躍しています。その中で保健師の資格をもっている方も業務をおこなっていることもあり、近年、注目されています。高齢化が加速して、地域包括センターの設置は年々増加の一途をたどっています。地域包括センターにおける保健師の役割は、介護のケアマネジメントです。その対象は、一般高齢者、特定高齢者、予防給付の方のケアマネジメントを医療の視野からケアマネジメントしていきます。

高齢者の保険医療の向上や福祉の増進を目的としています。高齢者の虐待を未然に防いだり、高齢者が安心して暮らせるための生活のサポートをおこないます。地域包括センターの運営は市町村が主体となりますから、公務員扱いとなります。各市町村に配置されている地域包括センターですが、介護保険法が改正されて新しく設けられた制度のため、スタイルが確立されておらず、保健師も手探り状態で業務をこなしているような状態です。

業務上にガイドラインがひかれているわけではないので、保健師、看護師、社会福祉士それぞれの仕事の分担がされていないのが現状です。総合的なケアマネジメントをおこなうので、福祉の知識を持ち合わせていないと務まりません。保健師は福祉制度には弱いといわれているので、ケアマネージャーの資格を保有している保健師もいます。これらの仕事は、本来ならばケアマネージャーがいれば、役割を果たせてしまう仕事です。

地域包括センターというのは、もともと福祉が主体ですから保健師として活躍するのは簡単なことではありません。地域包括センターは、高齢者への総合的な支援をおこなう機関であるため、今後は充実した支援がおこなわれるのではないかと期待されています。地域包括センターに保健師は必要ですが、配置するには難しい状況です。必要性があっても、福祉資格保有者のほうが採用率は高くなっています。

地域包括センターでの勤務時間は、日勤のみです。休日はカレンダー通りですし、プライベートが優先できますね。給料は、20万〜30万円と言われています。夜勤がない割に高いのではないでしょうか?地域包括センターの求人は、普通に探していてもみつかりません。求人サイトに登録することをおすすめします。一般的に表に出ていない情報もチェックすることができますし、分かりにくい地域包括センターでの保健師のお仕事も詳しく教えてくれます。面接での傾向と対策や、履歴書の書き方などのアドバイスもしてくれますよ!自分では聞きにくい給料や待遇面での相談も、求人サイトの転職コンサルタントに任せることができます。

学校の保健師求人

学校の保健師として働くには、保健師の資格だけではなれない場合もあります。小、中、高校の場合は、養護教員としての資格が必要になります。学校に従事する保健師は、「学校保健師」「養護教諭」とよばれます。しかし、大学の保健室(医務室)などで働く場合、保健師のみの資格で勤務することができますから、保健師は比較的、小、中、高校よりも大学に勤務する傾向にあります。

学校での保健師は、学生と教職員のために大学等で心身の健康管理を中心とし、健康保持増進などをおこないます。大学生といえども、メンタル面において弱い学生も非常に多いものです。学校での保健師は、ヘルスケア同様にトータルケアを資格を有したプロとして働いていきます。学校には、学校保健法という法律があり、学校における保健管理または安全管理や、教職員の健康保持などを目的に掲げています。

給料は公立や私立など学校によって基準が違ってきます。月収は、20万円〜30万円といわれ、年収にすると500万円〜600万円くらいになります。パートでの採用ですと、時給は1000円〜2000円とやや開きがありますので、事前にきちんと把握しておくことをおすすめします。公立の学校は、昇給がよいといわれています。福利厚生も充実しており、毎年一定の昇給があります。

私立学校の場合は、勤務した学校の基準にあわせた昇給があります。日給や年収も魅力的ではありますが、学校保健師となる最大のやりがいは学校や生徒たちとのふれあいになるのではないでしょうか?その他に、生徒からの相談に耳を傾ける事も仕事の一つになります。

例えば、転校生やクラス替えなど環境の変化に馴染めない生徒が相談をしにくる事もあります。中には、かなり頻繁に訪れる生徒もおり状態が深刻な場合もあります。しっかりケアしないと悩みが解決せず、不登校になってしまったり、自殺などの最悪なケースにもなりかねません。 教職員と連携を取り、生徒の悩みに耳を傾けしっかりとケアする必要があるのです。大学の医務室でも体調管理だけでなく、生徒の相談に乗るのも大切な仕事の一つになってきます。

大学では、就職の悩み、将来の悩みや不安などが多くなります。また、大学というのは今まで生徒が歩んできた対人関係とことなり、友達を作ることも容易ではありません。今の子供は、コミュニケーション能力に欠けているのにプライドは高く私たちが感じる以上に対人面でのストレス抱えているようです。保健師としての資格を生かせるように、転職サイトに登録して資格を最大限いかせる職場探しをおこないましょう!

保育所の保健師求人

保育所の保健師の求人は、子供好きな人には人気の職場です。保育士と協力して、園内の行事を企画、運営をおこなうやりがいのある仕事です。雇用形態としては、常勤雇用に比べて紹介予定派遣やパートの採用が多く見られます。

勤務する雇用形態や保育施設の規模により給料はことなりますが、正社員ですと平均月収は25万円前後。パートや派遣になると、時給は1500円程度です。医療機関のように注射などの医療行為がない分、給料は若干少な目になります。子供好きな人にとっては、保育園で働く事の意味とメリットとやりがいが重視されますから、単に給料面だけで選択する人には向かない職場です。保育園の人件費は、国によって定められその負担金が当てられています。年収にすると、約280万円〜400万円と言われています。割り当てられた人件費にそって、従事してもらう形になるのです。

保育園で働く保健師の仕事は、園児の健康を守りながら、接していくことで些細な異変に気付くことです。乳児の検温や健康観察、幼児の怪我の手当、風邪や感染症に関する予防や便りの発行もおこなっていきます。保育園での保健師の役割は、園児の健康管理が主となります。子供たちがどのような発達をおって成長するのか?保健師は、常時観察しておくことが求められています。

また、園児の月ごとの病気発症率をデーター化し保育士に指示を仰ぐなど、健康管理と一言で言っても幅広い仕事があると言えます。季節ごとに発症する感染症(インフルエンザ、ロタ、ノロウィルス)など集団感染のリスクが高いと感じられるときは、保健師として保育士や保護者に感染予防を指導をおこないます。保健師としての知識を伝達し、感染予防対策に努めるのも保健師の仕事です。手洗いのしつけや、実践、病気予防の徹底感染予防の対策をたてます。

また、これらに基づき健康管理計画の作成をおこない、保育士と保護者との連携をはかっていきます。他には、子供が怪我や病気になったときの応急処置など迅速に対応できるスキルが必要とされています。子供を預ける保護者にとって、専門の保健師が常駐していることは非常に安心感があります。

保育園での保健師の求人は、比較的簡単に見つけることができる求人の一つです。求人サイトでもよく見かけることができます。ただ、1つの保育園で必要になる保健師の数は多くても2人程度なので競争率は自然と高くなってしまします。こういった求人にチャレンジするにはまず求人サイトに登録しコンサルタントに相談してみるとよいでしょう。どのような対策を立てれば、希望の保育園に就職することができるか?ノウハウをきちんと教えてくれますよ!

看護師紹介会社ランキング!口コミで評価が高い業者はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師紹介会社ランキングの最新版2位以降をチェックする!<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2020 看護師紹介会社ランキング【※2020年度最新版】 All Rights Reserved.
[科別] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 眼科 耳鼻科 循環器科 歯科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科
[他サイト] 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ おたすけナース カンゴシティ メディカルカフェ メディカルキャスト Medico eナース 介護求人セレクト ナースコンシェルジュ かんごしゴトステーション ジョブデポ ナーススクエア ナースバンク Wメディカル エルユーエス カンゴワークス スーパーナース ナースアシスト メディカルフォレスト 医療21 メディサポ 看護師求人マイサーチ ジョブテン CBネット ナースジャパン プラス看護師 ナースエクスプレス メディカルOne スマイルナース ハートフルナース ナースバンクキャリア かんご畑 ナースキャリア ジョブメドレー 看護seek キララサポート グッピー ナイチンゲール ナース専科 ナースセンター ナース・トータルサポート Win'sハローナース マイサーチ 看護師転職支援.net FAナース とらばーゆ看護 看護ジャパン DODAナース 看護師プロ 医療WORKER 看護師求人ひろば メディカル・ラポール 求人ER メディカルキュービック