保健師の年収や仕事内容・転職のポイントは?

保健師の年収や仕事内容・転職のポイントは?

保健師の仕事内容・やりがいは?

予防医学の重要性を踏まえ、健康の維持、増進を目的とする人々が健康な生活や日常を送れるように支援やサポートをするが保健師の仕事です。その対象は患者ではなく、保健所ならば住民、企業ならば社員になります。病気の人の治療やお世話に関わるのが看護師です。看護師は、患者さんが健康になっていくプロセスに携わりますから自分が関わっていることを実感できる仕事です。

しかし、保健師は病気の予防に関する指導などが主な仕事になってきます。そもそも保健師の仕事にはどのようなものがあり、どのような部分でやりがいを感じるのでしょうか? 保健師の仕事は、健康診断による早期発見および将来的に病気になるであろうと思われる予備軍を発見し、適切な食事や生活指導をおこなうことで病気になることを防ぐのが保健師の仕事です。

また、健康相談にのることも保健師の仕事の一つです。「もしかして、自分は病気ではないのか?」とか、「子供の成長が遅いのでは?」という健康にまつわる心配事にのり、一般の方が知らないような健康に関する知識を広め、必要な場合は医療機関や受診を促すのも保健師の仕事です。核家族化が進む現代では、「話をする相手」が求められています。保健師は話に傾聴しながら、介護や育児に対する助言をおこないます。

育児相談では、子供を産んだばかりのお母さんが相談者になります。子育に関する助言をおこなうだけでなく、子育ての大変さを理解し話相手になることも大切です。保健師は育児や介護などに関する知識や幅広い認識、地域や医療の窓口になる頼もしい存在となるのです。対象者や相談者の健康意識などが高まり、未然に病気になることが防げた時に保健師としての仕事にやりがいを感じるはずです。

人々の生活や育児、健康に関する仕事は多岐にわたります。「うがい」「手洗い」のように小さなことでも、保健師が指導することで人々の間で浸透していき実行されていれば、病気の感染を防ぐことが出来ます。そのような様子が見れたときには、保健師の地道な活動の成果が実感できますね。保健師の仕事は、予防の成果がはっきりと目に見えず、自分が関わっていることを実感しにくい仕事ではありますが結果が数などのデータとなって現れます。

保健師の給料・年収の平均は?

保健師の給料や平均収入は地域や勤務する施設によっても違いますが平均して、380万円〜480万円と言われています。一般的には、緊急性を伴うような事態や夜勤というイメージがないので、看護師の給料のほうが高いように思われている方も多いのではないでしょうか?保健師というと看護業務というよりは、事務所処理や保健指導のような決められ業務をこなしている姿しか世間には映っていないのでしょう。

しかし、保健師は看護師になることはできても、看護師が保健師になるには大学や学校での保健師養成校でにて教育を受けたのち、保健師国家資格に合格しなければならないのです。保健師というのは、専門性に対する評価が高く転職してから年収をUPさせることも難しくはありません。勤務先によっても幅があるので一概には言えませんが、保健師の資格が生かせる職場であれば、平均年収は他の職場より高くなる傾向にあります。

病院で勤務する場合、病棟に配属された場合は看護師と同じように夜勤手当や当直手当がつきます。また、保健師が民間企業で働く場合、名称は「産業保健師」となります。平均年収は400万円〜500万円で治療コーディネーターや臨床開発業務などで実績を評価された際には600万円以上を超えることも珍しくはありません。産業保健師を採用する企業は一流企業が多いので公務員よりも収入が高くなることがあります。

保健師は地方公務員として働くケースもあります。国内で緊急性を伴うウイルスが流行したり、衛生管理が問われるような事態が発生したときのためなどに公務員として保健師が働きます。このような特別な業務を課せられた場合、保健師には特殊勤務手当が支給されます。国家公務員の待遇で採用された場合には、国家公務員一般職の給料が適用され、年収は500万〜600万円が相場とされています。

地方公務員としての保健師の場合、大卒や短大卒のように学歴で分類されて給料が決まります。一般職よりも給料は高めの設定になっています。長く勤めれば、勤める分だけ決められた段階通りに安定的に昇給していくのでかなりのキャリアアップになりますね。

保健師の採用基準は?

保健師の採用基準は、実績を重視すると言われています。保健師の資格というのはそもそも看護師の資格を収得したうえで、さらに勉強をして取る資格です。そのため、看護師としての実績または保健師としての実績が重視される傾向にあるのです。保健師の採用方法や基準は企業や施設によってことなりますが、保健師を採用するにあたり年齢制限やキャリアが必要になってきます。

近年は企業で働く産業保健師の求人が増えてきています。産業保健師とは、企業で働く従業員の健康を管理する業務です。主な仕事は、健康診断のデータ作成や職場環境の管理、メンタルヘルスケアなど多岐にわたります。企業での採用基準は、病院での採用基準よりも高くなります。企業は保健師といえども、従業員の一人として保健師を採用します。その為、採用基準の中にビジネスマナーも求められます。また、企業は厳選して従業員を採用しますから採用の基準自体が高くなるのです。

保健師の仕事は多岐にわたります。一概に採用基準はこうだとは言えませんが、一番の採用基準というのは、企業が提示する条件と自分の条件が合っているということになるのではないでしょうか?いくら保健師や看護師の経験があっても双方の働き方の条件が合わないと採用とはなりません。特に、保健師としての経験がない方には経験がないというだけで不安に感じるでしょう。

経験や他の職場で経験を積んだ人を優遇して採用する場合が多いことは事実です。けれど、保健師としての経験が未経験であっても臨床経験が1年以上あれば転職へ役立てることができます。まずは、経験などは気にせず自分の条件と合っているか?それを念頭におきましょう。例えば全国に支社がある企業での場合、出張の可能性もあります。家庭環境によって、対応は難しいですね。事前に把握しておかないと面接できちんとした受け答えも出来ません。

採用されたいからといって、その場しのぎの受け答えをしても仕事が長続きしません。しかし、このような条件は意外と面接の前に知ることが出来ないこともあります。

また保健師の仕事というのは、パソコンスキルを求められることも少なくありません。採用の条件の一つになってきます。保健師の仕事は、事務仕事も増えます。入社してから覚えてもいいのですが、他にも沢山の仕事を覚える必要があります。苦手な事はあらかじめ克服しておきましょう。こまかな条件採用基準を知るには、転職サイトに登録をして転職先の情報を得ておくと不安も解消されますね。情報を得ることは、採用の条件を知ることにもなりますからおのずと採用基準もわかってきます。

保健師の履歴書の書き方は?

近年、求人募集を行う際に「まずは履歴書を送って下さい」というような募集先が増えていますね。面接をする前にこちらの希望を伝えておけるという利点もありますが、履歴書だけで判断されてしまうという欠点もあります。特に転職を繰り返していたり、経験が少なかったりするとどのようにアピールして書くか?疑問に思うことも多いはずです。

基本的な履歴書の書き方というのは、ご存じでしょうから簡単に説明させていただきます。保健師の転職での履歴書の書き方で、注意しなければならないのは「職歴」と「志望動機」の欄です。まずは、職歴ですが入社・異動・退社を書きます。部署や仕事内容にも簡潔に添えるとよいでしょう。

ex.) ○○病院入社 / ○○科に異動
ex.) 自己都合により退社 / ○○病院 退社
ex.) ○○病院に○科に配属 ○○を担当 / ○に昇格、責任者として○を担当

職務経歴書も記入が必要な所もあり、内容が重複してしまうので履歴書に関しては簡潔に書かれる方も多いと思いますが、メインはやはり履歴書になります。職務経歴書というのは履歴書の後付ですから、採用担当者は、履歴書の方を確実にきちんと目を通します。簡潔に履歴書を書いてしまうと、自己アピール不足になりますからきちんと記入しておきましょう。次に志望動機の記入です。

今回応募に至った熱意を書くとよいでしょう。必ず一度自分で文章を書いてから推敲するようにしましょう。また、特技や得意科目を書いて、個性をアピールしてもよいでしょう。本人希望欄には、転勤が不可の場合勤務地について希望を書いたり、就きたい職種について書くとよいでしょう。特に記入することがない場合は「特になし」で構いませんが、挨拶文や自己PRを書くなど積極的に活用してみましょう。また、給料については一般的には書かないほうが無難です。

評価されやすい履歴書の書き方は、それぞれの企業等の募集先によって異なります。行政機関に対し印象のよい履歴書を書くという方法もあります。しかし、こういった知識などを教えてくれる書籍はありません。インターネットで検索しても出てきません。では、どのように履歴書を書いていけばよいのでしょうか?このようなお悩みにきちんと対応し解決してくれるのが、求人サイトです。

履歴書で受けの良いインパクトのある履歴書を送れば、採用の近道にもなります。保健師の求人は、狭き門と言われていますからライバルと差をつけるためにも求人サイトへの登録をおすすめします。履歴書の書き方だけではなく、面接の設定、就職先の面接対策なども専任のコンサルタントが一緒に立ててくれます。心強いですね。

保健師の面接のポイントは?

面接を受ける上でのキーポイントは、面接を受ける職場に必要なことを兼ね備えているか?がカギとなります。例えば、小児科での保健師を希望するとなると、その分野での経験はどの程度あるか?経験がなくても子供が好きであるとか、希望している職場の将来目標に対して賛同しているなど伝えるとポイントが高くなります。どんな仕事の面接でも同じですが、第1印象といのはとても大切なものです。

医療的なしごとばかりに携わる看護師と保健師とでは業務の内容がかなり変わってきます。保健師の仕事は予防医学と言えますから、対象者に対して一対一で密に関わることになります。この時、必要になってくるのが「社会人としての常識やマナー」です。第1印象が、職場での最初に対象者にうつる姿です。自然な雰囲気で面接をおこなえれば、好印象を与えられることは間違いなしです!

社会人としての常識というのは、身だしなみや挨拶の仕方、お辞儀の仕方など一般的なことです。これらが欠けてしまうと、あなたがどんなに知識や経験を持っていたとしても、あなた自身の評価は下がってしまいます。遅刻をしたり携帯の電源が入ったままになっていたりというのは言語道断です。十分に注意しましょう。

保健師の面接の事前準備としては想定される質問の回答をしっかりと準備しておくことも必要です。今は、インターネットなどで面接を受ける病院や施設の情報を知ることが出来ます。あらかじめ、情報は得ておき内容もチェックしておきましょう。このような簡単なことを見落としていては、あとで不採用にでもなってしまったら後悔してしまいますね。ネット上には転職サービスのサイトが沢山あることを知っていますか?

これらのサイトは転職のサポートをしています。保健師の仕事も紹介しています。登録すると、担当のコンサルタントがつき応募先の詳しい情報も知ることが出来ます。仕事をしながらの転職活動は、時間がなく情報を得るのは大変な手間になります。転職サイトに登録すれば役立つ情報も得られて、相談もできますからあなたの強い味方になります。このようなサイトも一度、参考までにご覧になってみて下さい。

履歴書に書いたことは、たいてい面接の場でも聞かれます。必ず答えられるようにしておきましょう。また、一つの質問に関してはなるべく簡潔に答えられるようにしておきましょう。話が長くなってしまうと、結果的にあなたのアピール時間も減ってしまいます。話を誇張することもやめましょう。面接では、より良い自分を見せたいが為に話が大きくなってしまうことがあります。言い方を変えれば、内容を詐称してしまったりすることにもなりませんから、ありのままの自分をアピールしましょう。

保健師の志望動機・自己PRは?

保健師として採用試験に進んだら、必ず面接がありますから、そこで自己PRをどの程度おこなうことができるか?が採用のカギとなります。保健師としての実務経験がない人は、看護師としての経験の中でどのようなことを学び「どんな思い思いで保健師を目指したのか?」または「どんな保健師になりたいのか?」これらをアピールする必要があります。将来の自分が見えていて、それに向かってどのような努力をしているか?これをアピールできる人は、自己PRでのポイントも高くなりますね。

保健師としての実務経験のある人は、やっている事と目指していることが違うと自己PRの段階で逆に相手に疑問を抱かれてしまうこともあります。これまで、どのようなことを経験し学び、それを「もっと向上させたい」「生かしたい」という気持ちを転職のアピールとした方が、前向きに取られます。自己PRというは、自身の経験や成果をアピールするものです。それに対してどのような目標をもって努力しているか?も大切なことです。

目標とやっていることが違うと、将来のビジョンをしっかりもっていないという印象を抱かれてしまうのです。また、自己PRというのは、自分の自慢をすることではありません。「こんな努力をして、このような成果をあげました。」というような表現が適切と言えます。

保健師として求めれれる人材は、保健師としての自覚がありそれなりの知識を持っている人です。また、これからも向上したいという意欲も大切です。保健師というのは、高いコミュニケーション能力を求められます。ストレスをためずに人間関係を円滑に築いていくことができる人、自分の考えをしっかり表現できる人。このような人材を求めていますから、面接の段階で自分の考えを言葉にして表現できないというのは保健師としては不適合との印象をあたえかねません。

資格をもった専門職の場合、ある程度の知識と情熱を持っていることは当たり前のことです。興味がなければ、勉強することもないでしょうし、興味があるからこそ努力をして資格を収得するのです。保健師もそれは同じですから、情熱や意識というのは最低限のことです。そこから、どのようにして他の応募者と差をつけられるのか?転職サイトや求人サイトではコンサルタントが、一人一人につきますから求職社のよい面をどんどん引き出してくれます。第3者と話すことで自分の知らなかった一面を知ることも出来ますし、自分の進みたい方向性も見えてきます。コンサルタントと相談しながら、考えたほうがスムーズにいきそうですね。

保健師の求人倍率の程度は?

保健師の国家資格を取得している看護師は、年々増えてきていると言われています。保健師一人が転職を希望した時に、一体何社から求人が来るのか?これを有効求人倍率と言います。年々、有効求人倍率は、増えていると言われています。例えば求職した保健師に対しての有効求人倍率は、3社言われますので求人は余っている状態なのです。雇われる側の方が有利なんですね。

自分が希望すれば、より良い職場を選ぶことができます。辛い労働条件で働いている方はがんばり過ぎず、転職を考えるのもおすすめです。一度職に就けば長く働きたいものですが、保健師の場合は必ずしも長く働くことばかりがイイとは言えません。給料面、待遇面など自分で選択が可能な仕事はなかなかありません。保健師だからこそ選択できるメリットなのです。

しかし、行政保健師となると話は別です。行政保健師とは?都道府県、市町村に設置された保健所であったり、各地域に存在している保健センターで働く保健師のことです。行政保健師として働くのは狭き門です。一般的な情報としては10〜20倍の競争倍率といわれています。ただ保健師の資格を持っているというだけでは、採用は難しいとされています。難関である行政保健師に採用されるためには何が必要なのでようか?

求人募集に対し、面接時の傾向や対策、履歴書の書き方など工夫が必要です。しかし、一人で対策を立てるには限界があります。転職サイトに登録しておけばコンサルタントが面接の設定から対策など一緒に立ててくれます。それに、個人では聞きにくい待遇や福利厚生、休日、給料など気になる点もコンサルタントにヒヤリングできます。転職先に聞かなくては分からないことも、保健師に代わって聞いてくれます。

スキルアップ、復職希望、Uターン、子育ての両立など個々の条件で転職ができるのです。ハローワークでは、ここまで確実な情報を得ることはできませんし、求人自体も転職サイトと比べると少ないんです。保健師の求人は、非公開のものも多くこれらの求人は人材紹介へ委託しています。そもそも保健師の求人というのは、人気な上、求人数が少なく求人が出たとしてもすぐに終了してしまうのが現状です。このような状態では、転職に不安を持たれる方も多いのではないでしょうか?

転職のタイミングを逃さないためにも、あらかじめ転職サイトに登録し活動された方が不安も少なくなります。複数の転職サイトに登録しておけば、自分にあった求人に早く出会える可能性も高まりますね。倍率の高い保健師での転職は、サイトに登録するところから始まるといっても過言ではないでしょう。

保健師の就職先の分類は?

保健師という仕事は看護師の仕事とは違い様々な就職先があるというのを知っていますか?保健師の就職先の分類というのは、大きく分けて3つあります。まず一つが行政保健師と呼ばれるものです行政保健師というのは市町村で働く保健師のことです。行政で働く保健師のことを、行政保健師と呼びます。乳幼児から高齢者まで幅広い人たちの健康管理を行う仕事です。

中には感染症対策や難病対策といった仕事もあり保健師の仕事中でも様々な仕事内容は多岐にわたります。しかし、それだけやりがいがある職業の一つだといえます。地域によって差はありますが、一般的な情報として10〜20倍の採用倍率と言われ、保健師の資格をもっているだけではなかなか採用に結びつかない狭き門です。

次に学校保健師と呼ばれる保健師です。学校保健師は、学校で働く保健師です。主に生徒の健康管理を行うことが仕事内容となっています。近年は、モンスターペアレンツなど過剰に子供を保護しようとする親が増え、教師のストレスも非常に高くなってきています。場合によっては教師の健康管理や教師のメンタルケアなどを行うこともあります。小学校、中学校、高校などで働く場合には養護教諭の資格を取らなければならない為ほかの保健師と比べるると異質な感じがしますね。保健師としての仕事も大変、責任の重いものになるのではないでしょうか?しかし、その分安定した給料をもらうことができる仕事でもあります。

そして、最後に産業保健師です。この産業保健師は企業などで働くことができる保健師です。企業は看護師を産業保健師の代用として採用する場合もありますが、看護師の場合衛生管理者の資格をもっていないので保健師の方が採用には有利になります。企業が必要としているのは、衛生管理者としての資格を持つ保健師なのです。企業で働く保健師の仕事は、主に社員の健康管理を行うことが仕事になっています。

最近では新入社員などのメンタルケアなどを行うことが多いそうです。雰囲気についていけずに鬱などに陥ってしまう場合があります。また長引く不況の影響で、過酷な労働を強いられている従業員のストレスは増すばかりです。保健師は職場の環境を把握して改善にも努めます。メンタルヘルスの役割も保健師が担っています。このように、保健師の仕事は様々種類があります。求人サイトならば自宅に居ながらでも簡単に保健師の求人を探すことができるほか非公開求人などもしっかりと取り扱っています。自分に合わせた条件で検索して絞りこむことも出来るのでより求人を選びやすくなりますね。ぜひ試してみてください。

看護師紹介会社ランキング!口コミで評価が高い業者はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師紹介会社ランキングの最新版2位以降をチェックする!<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2020 看護師紹介会社ランキング【※2020年度最新版】 All Rights Reserved.
[科別] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 眼科 耳鼻科 循環器科 歯科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科
[他サイト] 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ おたすけナース カンゴシティ メディカルカフェ メディカルキャスト Medico eナース 介護求人セレクト ナースコンシェルジュ かんごしゴトステーション ジョブデポ ナーススクエア ナースバンク Wメディカル エルユーエス カンゴワークス スーパーナース ナースアシスト メディカルフォレスト 医療21 メディサポ 看護師求人マイサーチ ジョブテン CBネット ナースジャパン プラス看護師 ナースエクスプレス メディカルOne スマイルナース ハートフルナース ナースバンクキャリア かんご畑 ナースキャリア ジョブメドレー 看護seek キララサポート グッピー ナイチンゲール ナース専科 ナースセンター ナース・トータルサポート Win'sハローナース マイサーチ 看護師転職支援.net FAナース とらばーゆ看護 看護ジャパン DODAナース 看護師プロ 医療WORKER 看護師求人ひろば メディカル・ラポール 求人ER メディカルキュービック