50代の看護師が転職するポイントは?

50代の看護師が転職するポイントは?

50代で採用される看護師求人は多い?

50代で活躍している看護師もたくさんいますし、求人情報をチェックすれば年齢不問の求人もたくさん見つけられます。他の職業に比べても看護師は50代で採用されるチャンスに恵まれた状況にあるといえるでしょう。ただ、どの分野、施設でも50代を積極的に採用しているわけではありませんし、転職のチャンスに恵まれているともいえません。

看護師を必要とする施設ではどこもできるだけ長く働いてくれる人材を求めています。人手不足の問題を抱えているならなおのこと、そのためどうしても若い人材が優先されます。つまり年齢不問で募集している看護師求人でも実際に採用されるのは20代、30代ばかりで50代のチャンスはほとんどないケースも多いわけです。この点は50代でも応募可能な看護師求人の数と実際の採用の機会を分けて考える必要があります。

採用されるチャンスが多い看護師求人には年齢にこだわらず歓迎される施設からのものが多くなります。現在その筆頭として挙げられるのが介護・福祉関連施設。これらの施設では看護師の需要が急速に高まっていることもあり求人数そのものが増えていることに加え、バイタルチェックなどそれほど高度な知識が問われない業務のため未経験でも歓迎されているのです。加えて医療機関の病棟勤務と比べてシフト面の負担が少ないことから、50代の看護師が未経験からチャレンジするケースも少なくありません。採用する側としても人手不足を早く解消したいという思惑に加え、人材の育成に時間とコストをかけられないといった事情からキャリアのある50代の看護師を歓迎する傾向が見られます。これまでのキャリアを活かす余地が少ないというマイナス点こそあるものの、採用されやすさではこの分野が一番といってよいでしょう。

他には需要が増えているにも関わらず看護師の担い手が少ない診療科でもチャンスがあります。代表的なところでは透析や精神科、療養型の病棟などが挙げられます。若い看護師はあまりやりたがらない職場ですし、患者さんとのコミュニケーションや万一の際の対応力といったキャリアに裏づけされたスキルが求められる面もあるため、キャリア豊富な50代の看護師が歓迎される面もあります。こうした職場では若い看護師のまとめ役、教育係といった面も期待されるため、やりがいを感じやすいという魅力もあります。

求人が多い一方、それに占めるパート採用の比重が高くなるのも50代の特徴です。正規の常勤看護師としての勤務にこだわりたい方はこうした選択肢の中から求人を探してみてはいかがでしょうか。

50代の看護師の年収相場は?

50代の看護師はどれぐらいの年収をもらっているのか、キャリアを重ねてきた方にとっては自分の年収が高いのか低いのか気になるものですし、転職を考える場合にはどれぐらいの年収で再就職のチャンスがあるかも大きな問題となります。

看護師の平均年収は約430万円程度といわれます。これはすべての年代を通した数字ですから、年齢別になるとまた違った数字が出てくるはずです。とくに看護師の仕事はキャリアを重ねていく過程で年収アップやキャリアアップを続けていく余地がありますし、60歳を過ぎてもさまざまな雇用形態で勤務を続けることも多いため、全体の平均だけでは実際の収入状況を把握するのが難しい面もあります。とくに50代は看護師のキャリアが最高のレベルにまで達した段階でもありますから、その年収相場は平均よりもかなり高いだろうと容易に予想できます。

実際の金額では500〜600万円くらいの範囲が50代の看護師の年収相場となっています。平均よりも高いのはもちろんですが、この数字を高いと感じる方と思っていたほどではないと感じる方で見解が分かれます。この点は50代の看護師ならではの事情をもう少し見ていくことでいろいろなところが見えてくるようになります。

まず50代の10年間はほとんど平均年収に変化が見られないこと。40代の場合は前半の5年間と後半の5年間で50万円くらいの差がつきます。この時期に大幅な年収アップが進むケースが多いのに対し、50代になるとほぼ横ばい状態になっていくのです。

ただこの点は必ずしも50代に入ると年収アップの余地がなくなることを意味しているわけではありません。この年齢になると体力的な問題や家庭環境の事情から非常勤や医療機関に比べて年収相場が低めの介護・福祉関連へ転職するケースが増えるのが横ばいになる大きな要因とも言われています。年収よりも就業環境や働きやすさを重視して職場をかえる人が増えてくるわけです。

この点は50代の看護師の間で年収に個人差が生じやすくなる状況ももたらします。同じ職場で働き続ける人と転職をした人の間で差ができるわけですが、加えてキャリアの違いによる差も出てきます。婦長や看護部長にまで昇進する方も出てきますし、一方では役職につかずに勤務し続けるケースも少なくありません。

このように、50代の看護師の年収相場は多様性があり、一概にこうだといえる環境ではありません。とりあえず医療機関でキャリアを重ねていけば500万円以上の年収は期待できる、あとは就業環境が50代の体力や生活環境に合っており、働き続けることができるかどうかが問題となってくるのでしょう。

50代の看護師に人気の仕事内容は?

50代の看護師に人気の仕事内容に関しては2つの見方があります。ひとつはやりがいを感じられる仕事、もうひとつはゆとりのある環境で従事できる仕事です。0代ともなると体力の衰えもあり、40代までのようにバリバリと働き続けることが難しくなります。ですから自分の知識とスキルを活かせる充実した環境よりも心身に負担がかからない環境への憧れが強くなっていきます。この点は収入面でも同様で、専門的なスキルと豊富なキャリアが求められるけれども負担も大きい高収入の職場よりも、収入は低くても無理なく働き続けられる職場の方が歓迎される傾向が見られるようになっていきます。

こうした事情から50代の看護師に人気の仕事内容はいかに体に負担がかからないか、そして夜勤がないかどうかが大きな判断材料となっていきます。まず第一に挙げられるのが総合病院の外来対応。入院患者を相手に看護を病棟勤務の場合どうしても夜勤や休日出勤が伴うため、日勤のみ、しかも日曜日を休める外来勤務の方が人気が高くなるのです。この外来勤務のポイントは総合病院・大学病院でも就職・転職のチャンスがあること、ですから転職ではなく異動で外来勤務を希望する50代の看護師も少なくありません。

同じく夜勤が少なく、体力的な負担が少ない職場として注目されているのが透析です。透析専門のクリニックや総合病院が運営する専門の施設も増えており、そこで勤務する看護師の需要も増えています。こうした施設では夜勤ははありませんし、体力が求められるような業務もありません。この部門では回復の見込みがない患者さんを相手にすることもあり、雰囲気が暗い、扱いが難しい患者さんが多いといったイメージも強く、精神的に厳しい職場とも言われますが、キャリアを重ねた50代の看護師ならその辺りはクリアできるでしょう。透析業務の際にはやや専門的なスキルが求められますが、看護師のキャリアを積んできた方ならすぐに身につれることができる範囲のものです。

近年になって人気が高まっているのが介護・福祉関連の施設での勤務です。これらの職場では精神的な負担が少ないのが大きな魅力で、日々の業務はバイタルチェックをはじめとした健康管理がメイン、医療行為に携われる機会はごくわずかです。入所型の施設では夜勤もありますが頻度は少ないですし、入所者への対応は原則として介護スタッフが行うので負担もそれほどではありません。

こうした50代に人気の仕事内容が自分に向いているかどうかは仕事への意欲や体力などひとりひとりの環境によって異なるでしょう。ただこうした職場で50代の看護師が多く活躍している点は知っておいて損はないはずです。

50代の看護師でよくある悩みは?

50代の看護師ともなると現場でかなりのキャリアを積んでおり、20代、30代に比べて仕事に対する悩みは少なくなるイメージがあります。同じ職場に長く勤めている場合なら人間関係や就業環境に悩むことは少ないでしょう。ただ、この年代の看護師ならではの悩みも多くあり、それが離職・退職の理由になることも少なくありません。

最大の悩みは体力の衰え。おもな退職理由にもなっていますが、50代に入ると急激に体力の衰えが仕事に影響を及ぼすケースが増えてきます。夜勤や残業、不規則なシフトといった就業環境がもたらす負担が心身に蓄積されるようになり、体が思うように動かなくなったり、集中力が低下するといった深刻な問題を引き起こすこともあります。長く働き続けた職場で慣れている仕事に対してもこれまでのように対応できなくなってしまうことも少なくありません。そうした状況にどう対処すればよいのか、どのような解決方法があるのか、自己管理の方法なども含めて悩みを抱えてしまうことが少なくありません。また、女性の場合は更年期に差し掛かる時期でもあり、心身に生じる更年期障害の症状が仕事にもたらす影響に悩むこともあります。

プライベートと仕事とのバランスに悩む機会が多くなるのも50代です。30代後半くらいまでに職場に定着し看護師としてのキャリアを確立できた場合、その後はプライベートと仕事のバランスに悩む機会が少なくなるのですが、それが50代になると再び浮上する機会が増えてきます。先ほど挙げた体力の衰えによって家事との両立が難しくなったり、家で自己管理をどのように行うのかといった悩みもありますし、家族との関わりが変化し、それにどう対応するかの悩みもあります。子供が独り立ちするなど子育てがひと段落する時期ですし、夫が定年退職して一緒に過ごす機会が増えたり、食事などの世話が必要になる時期でもあります。こうした中で仕事と家庭をどう両立させていくのか、改めて問われつつ悩んでしまうことが多くなるのです。

職場環境に関する悩みも出てきます。まず新しい知識や技術についていくのが難しくなること。がん治療を中心に医療の進歩が目覚しく進み、現場でも最新の治療や設備が続々と導入されています。50代になるとなかなかそうした新しい知識・スキルを身につけるのが難しくなり、対応できない不安を抱えるようになります。さらに若い世代とのコミュニケーションが難しくなるのも50代です。ジェネレーションギャップといえば簡単ですが、話題が合わないだけでなく、看護師の仕事に対する価値観といった基本的な部分でもかみ合わなくなり、どう接したらいいのかわからなくなってしまいがちになります。

50代の看護師でブランクが長いと採用されにくい?

50代の看護師でブランクが長いと採用されにくいのは事実です。転職の選択肢が限られてくるというわけではないものの、採用の際に他の応募者と競争になった場合にはどうしても不利になってしまいます。

とくに50代の看護師はブランクが長くなる傾向が見られます。20代、30代の場合は結婚や出産を機に離職していた状態から数年程度で復職を目指すケースが多く、だいたい3〜5年ほどが平均的なブランクとなっていますが、50代の場合は長らく家庭生活に入っていた状態から現場復帰を目指すなど10年を超えるブランクを抱えているケースも少なくありません。ブランクの期間が長くなればなるほど採用には不利になりますし、それに年齢のマイナス評価が加わるとなかなか採用のチャンスが少なくなってしまうのです。

そんな不利をどうやってはねかえせばよいのか?人手不足で年齢やキャリアを問わず採用している職場を狙えばよい、と考えてしまいがちですが50代ともなるとそう簡単にもいかなくなります。こうした人手不足の問題を抱えている職場はシフトが厳しく、夜勤や残業が多い環境で働かなければならないケースも少なくありません。こうした環境は年齢的・体力的に難しい面もあるので採用されやすいからといってすぐに飛びつくのは避けた方がよいでしょう。

簡単に言えば採用されやすく、定着しやすい職場を探していくことになるわけですが、その際にポイントとなるのが教育・研修制度です。それもブランク明けを対象にした復職支援が充実していること。長年のブランクからの復帰となるとその間に変化した看護師を巡る環境や看護技術などに適応するのにかなり苦労させられることもありますから、きちんとフォローしてくれる環境が不可欠です。この点は求人情報ではなく施設のホームページで教育環境について詳しく確認しておくとよいでしょう。また、同じくホームページでその施設で働く看護師の年齢層を確認し、50代でも居心地よく働くことができるかどうかを見ておくことも大事です。

それから介護施設。年配の看護師がたくさん活躍している職場です。この職場から看護師の需要が増加し始めてからまだそれほど時間が経っておらず、キャリアがあまり問われない環境にあります。しかも高度な医療行為に携われることもなく、バイタルチェックなどの健康管理がメインの仕事となります。ですからブランクからの復帰も比較的容易です。夜勤を担当することもありますが、医療機関の病棟勤務に比べると身体面・精神面ともに負担が少ない職場といえるでしょう。大半の施設ではブランク・未経験でも応募OKとなっているのもポイントです。

50代の看護師に多い転職例は?

50代の看護師が転職するとなるとどういった選択肢があるのか、どんな職場が向いているのか、どうしても不安が付きまとうものです。キャリアには自信があっても将来性や新しい職場への適応力は自信が持てませんし、雇う側も年齢がネックになって採用を差し控えてしまうのではないか、との不安があります。

実際に50代で転職に成功した看護師の多くに共通しているのは前の職場と似た環境の職場へ転職していることです。やはり50代から新しい分野にチャレンジするのは難しいですし、採用されるためにはこれまでのキャリアを最大の武器にする必要がある以上、できるだけ共通点がある職場の方が転職しやすくなるのは当然といえます。転職先探しを行う際にはまず同じ診療科・部門からの募集を探すのが基本となるでしょう。

それから病院の規模と就業時間を変えて転職する例も多く見られます。50代の転職で多く見られるのが体力の衰えでこれまでの勤務環境に対応できなくなってしまった、というケース。そのためもっとシフトが緩やかな職場への転職を目指すわけです。総合病院から入院施設がないクリニックなど、前の職場のキャリアを活かしつつ、勤務環境が厳しくない職場を成功させたケースが多く見られます。おそらくこれが50代の転職例としてはもっとも理想的なパターンでしょう。

雇用環境や待遇を変えたという転職例も見られます。たとえば正規の常勤看護師から非正規のパート・アルバイトへと切り替えるケース。先述した体力の衰えから常勤看護師の環境ではシフトに耐えられないため、何かと都合がつけられる非常勤へと切り替えるわけです。収入の大幅なダウンを覚悟しなければなりませんが、50代までキャリアを積んできた看護師なら将来の不安をそれほど感じることなく仕事を続けることを最優先に考えてこうした決断に踏み切るケースも少なくないのです。また、これまで役職つきの待遇で働いていた職場から一般の看護師の待遇で働く環境へ転職するケースもあります。役職についてまわる責任や義務といったものが負担になってしまった場合によく見られる転職例です。

他には介護業界など近年になって需要が増加している分野へチャレンジするケースも見られます。こうした転職先では医療行為はほとんど行われないことが多く、病院勤務の業務の精神的なプレッシャーが負担になった場合にこうした分野へ転職するケースが見られるのです。

このように、50代の看護師の転職は採用の可能性と自分が仕事を続けられるかどうかのバランスをうまくとりながら適切な職場を見つけていくことが重要だということが見て取れます。

50代の看護師で男性の再就職におすすめは?

男性看護師は年齢を重ねれば重ねるほど先行きに不安を感じることが多いと言います。仕事を続けていけるのか、職場に溶け込んで働けるのか?女性が圧倒的に多い職場だけにいろいろ悩みが生じるものです。それだけに50代の転職ともなるといろいろな面で制約を感じてしまうようになります。

そんな50代の看護師の転職でオススメなのは「男性が求められている職場」です。これは年代を問わず男性看護師全般に言えることなのですが、先述のように年配になればなるほど職場から浮いてしまう問題点が出てきますから、男性だからこそ活躍できる現場で働くことが大事なのです。現在男性看護師が求められる職場として注目を集めているのが精神科です。暴れる患者さんを抑えるなど腕力が必要な部分があるうえ、患者さんの行動が読めずに不安を抱えながらの業務になることが多いこの職場では男性看護師が歓迎されます。腕力を使う業務だけでなく、女性看護師の間から万一の時に心強いと頼りにされるからです。とくにキャリアを重ねた男性看護師なら腕力面だけでなく精神面でも心強い存在だと扱ってもらえるでしょう。精神科は夜勤やシフトの負担もそれほど重くないのでもっともおすすめの選択肢といえます。

それから透析。長年医療機関でキャリアを重ねてきた男性看護師にとってはこれまでのキャリアをあまり活かせない特殊な職場でもありますが、体力的な衰えが気になる方にとっては非常に恵まれた職場です。急性期の患者さんが少なく、安定した就業環境で働くことができます。透析の仕事は特殊な知識とスキルが必要だといわれますが、それほど難しいものではなく現場でキャリアを積んでいけば50代からでも問題なく身につけることが可能です。また、透析の患者さんは年配の男性が多く、若い女性看護師だけが在籍している職場よりも年配の男性看護師が在籍している職場の方が患者さんの心のケアやコミュニケーションがしやすいとったメリットもあるため、歓迎される傾向も見られます。

もうひとつ、介護関連施設も挙げておきましょう。介護・福祉関連施設からの看護師の需要が増加していますが、男性看護師の就職・転職先としても注目されています。この職場も介護スタッフの介護の手伝いなど腕力が必要になる面がありますし、もともと年配の看護師が活躍している職場でもあります。そして施設を利用する男性の利用者との間でコミュニケーションをとりやすいというのもあります。これまでのキャリアで身につけたコミュニケーションスキルと同性ならではの配慮をうまく活かすことによって利用者の信頼を獲得していくこともできるでしょう。

50代の看護師で夜勤なしの求人を探すには?

50代の看護師が転職を目指す際に重要なテーマとなるのが夜勤の有無です。夜勤はそれだけでも負担がかかりますし、夜勤と日勤が入り交ざるシフトだと日々の業務の中でその負担と消耗が積み重なっていきます。年齢が若い頃なら休みを取れば回復することも可能ですが、50代ともなるとなかなかそれがうまくできなくなってしまいます。50代で転職を希望している方のほとんどが夜勤なしの職場で働きたいと考えているはずです。

夜勤なしの求人を探すポイントは2つ、まず夜勤を担当しないで済む求人を探していくことです。看護師の人手不足が大きな問題となっていることから、日勤のみでの勤務が可能な求人も増えています。こうした職場なら夜勤なしで働くことができますし、幅広い施設からの求人が見つけられるのでこれまで積み重ねてきたキャリアを継続させられる環境での転職のチャンスにも恵まれます。夜勤なしの求人を探す場合にはまずこのポイントを重視して情報収集を行っていきましょう。

ただし、この方法にはいくつかの問題点もあります。まず50代を積極的に採用するところが少ない点。人手不足の都合から日勤のみでもOKという形にしている以上、求人元ではできるだけ長く働いてくれる看護師を求めています。それだけに定年が見えてきた50代よりも若い世代の方を優先するものです。とくに総合病院や大学病院など待遇やキャリア面でよい環境にある職場の日勤のみの求人には大きく応募が集まるため、50代の採用のチャンスが少なくなります。また、入院施設があるにも関わらず日勤のみの採用を行っている職場では日勤のみの看護師と夜勤を担当する看護師との間で人間関係のトラブルが発生する、といったケースも見られます。50代の転職は職場に溶け込むのがとくに難しい面があるので頭に入れておきたいところです。

もうひとつのポイントは夜勤そのものがない施設からの求人を探すことです。小規模なクリニックが典型的な選択肢となるでしょう。個人経営のクリニックの場合は夜勤がないだけでなく残業なし、日曜日は休みといった点でも恵まれています。若い看護師にとっては給料面やキャリアの面でマイナスになってしまうことが多いこうした職場も50代の看護師にとっては理想的な選択肢となるのです。注意点としてはこうした施設からの求人は情報収集が難しく、地元の新聞の折り込みチラシや施設に貼り出された求人の広告といった幅広い情報網を活用することが求められることです。

夜勤なしの求人を見つけるのはそれほど難しくありませんから、その中で自分に合ったものを見つけられるか、自分に合った求人を見つけるにはどうしたらいいかを重視して探していきましょう。

50代の看護師の求人はパートが多い?

50代の看護師が転職先を探すために求人情報をチェックするとパートでの募集が多いと感じることが多いようです。常勤雇用の求人の中でよさそうなものをチェックしてみると年齢制限に引っかかってしまう、あるいはネットで常勤の求人だけを検索しようとした年齢不問のところが見つからなかった、など。実際のところどの施設でも50代の看護師は常勤ではなくパートで雇う傾向が見られます。

それにはいくつかの理由が考えられます。年齢的に常勤看護師として雇用するのにためらいがあること。実際問題として常勤看護師を雇うならできるだけ若い世代の方がよいと考えるものです。これは若い世代の方が長く働いてくれるというのもありますし、退職金が発生する状況になったとき、年齢が高いほうが金額も高くしなければならないという面も理由となるでしょう。

また、総合病院や大学病院など規模の大きな病院では夜勤や残業、休日出勤が避けて通れませんが、こうした職場では常勤看護師の負担が大きくなります。50代の看護師の体力で厳しいシフトを担当することができるのか?どうしても雇う側はこの基本的な面で疑問を抱えてしまうことが多いのです。

一方、年齢不問で応募可能な求人が多い中小規模のクリニックの場合、そもそも常勤看護師を雇う機会が少ないのも大きな理由です。そもそも働いている看護師の大半がパート勤務となれば求人も非常勤がメインとなってしまいます。つまり、常勤の採用が多い職場では50代はあまり歓迎されず、50代が歓迎される職場では常勤の採用が少ないという難しい環境にあるわけです。

こうした事情から50代看護師が転職に踏み切る時にはあくまで正規雇用にこだわるか、あるいはパートも視野に入れるかの選択も重要になってきます。パートでもいいと割り切ることができればさまざまな分野から転職先を見つけることができるからです。総合病院・大学病院でも常勤看護師のシフトを埋める形でパート看護師を多く採用しており、50代の看護師も多く活躍しています。

あくまで正規雇用にこだわるなら医療機関以外の選択肢に目を向けましょう。介護・福祉関連施設でも看護師の需要が増えており、とくに年配の看護師の就職・転職先として注目されています。ここでもパート求人が多く見られますが、常勤看護師の募集では年齢不問で応募可能なケースが多いので有力な選択肢となるはずです。医療機関なら透析や療養型の病院などで比較的求人を見つけやすいでしょう。

50代の看護師に多い転職理由は?

看護師が50代になってなぜ転職するのか?この年齢までキャリアを続けてきての転職にはそれなりの理由が考えられます。

転職理由としてもっとも多いのは体力的に辛くなったというもの。看護師の仕事はもともと心身の負担が大きいと言われますが、50代になると蓄積する疲労による負担が大きくなっていきます。夜勤や残業、何よりも不規則なシフトによる負担が心身にのしかかってくるようになるのです。若い頃は休みを確保することができればこうした疲労を回復させることができますが、体の衰えが本格化する40代に入る頃には疲労がなかなか抜けなくなり、仕事を続けていくうちにすっかり慢性化してしまうケースが多いのです。そのため長く働き続けてきた職場であっても対応できなくなってしまい、転職を余儀なくさせる機会が増えてしまいます。

それから体力的な面とも結びついてきますが、落ち着いた環境で働きたい、というのも50代の転職例としてよく見られるものです。体力的に辛くなってきただけでなく、家庭生活も関係もあって時間的にもゆっくりしたいと考える機会が増えてくる時期です。子供が独立するなど時間の余裕が出来る時期でもありますし、夫婦関係を改めて充実させるためにも家で過ごす時間を増やそうと考えるわけです。看護師の仕事はどうしても夜勤や休日出勤の影響で家族とすれ違いが生じやすい環境にあるだけに、50歳代ではそれを改めようと考える機会が増えてくるのです。夫が定年退職して一緒に過ごす時間がこれまで以上に大事になる、というのもあるでしょう。

もうひとつ、忘れてはならないのが更年期との関係です。女性が9割を占める職業だけにこれは無視できないもので、40代半ば〜50代半ばくらいの10年間に生じる更年期のさまざまな症状によってこれまでの勤務環境では負担が大きすぎる状態になってしまうことも少なくありません。更年期の症状には頭痛や肩こり、下腹部痛といった体の痛みだけでなく集中力の低下、無気力感、イライラといった精神面の問題も見られます。看護師の仕事は一歩間違えはインシデントに結びつく慎重な作業もありますから、こうした症状の事情から長時間の勤務が続けられなくなる恐れもあるのです。更年期を機会に常勤から非常勤へと切り替えるケースも見られます。

このように、50代の看護師の転職理由では年齢がもたらす体力的と生活環境の問題が深く関わっており、キャリアや職場環境の悩みといった若い世代に見られる悩みとはまた違った事情が見られます。それだけに次の転職先ではこうした問題を抱えずに済むことを最優先に考えていくことが重要になってきます。

50代の看護師で再就職は難しい?

50代の看護師は再就職が難しいといわれます。この年齢の問題はなにも看護師だけに限られた話ではなく、どの職業でも50代の転職にはさまざまなハードルが付きまとうものです。それに比べれば看護師は比較的恵まれた環境にあるといえるでしょう。人手不足が慢性化している影響で全国各地で年齢不問の看護師求人を多数見つけることができます。再就職するチャンスに恵まれているかどうか、と問われれば恵まれているということになるでしょう。

難しいのは満足のいく職場に再就職が出来るかどうかです。50代の転職理由はもちろんひとりひとりの事情によって異なりますが、重要なのはキャリアの継続と無理なく働き続けられる環境の両立です。年齢的に体力の衰えが進行し、夜勤や残業が厳しくなっているため、できるだけ心身の負担が少ない職場で働きたいと考える傾向が強くなっていく一方、そうした恵まれた職場だとこれまでのキャリアを活せる環境が得られない傾向が強いからです。

夜勤を担当しないで済む職場へ転職しようと思った場合、入院施設がないクリニックがまず選択肢として挙げられますが、長らく医療行為に携わってきたキャリアが十分に活かせないこともあります。総合病院や大学病院では日勤のみでも勤務可能な求人もありますが、パート勤務としての募集が多い上に50代はあまり歓迎されない職場がほとんど。そのため仕事やシフトは楽だけれどもやりがいをあまり感じられない職場か、これまで身につけてきた知識やスキルを生かせる職場だけれども就業環境が厳しい職場の二者択一が求められる部分もあるのです。

50代の看護師が再就職を実現する上でのポイントは良い意味で自分の中で割り切って求人を探していくことでしょう。就業環境が楽な職場へ転職したいならとにかくその条件に見合った求人だけを探していく、自分の知識・スキルを活かせる職場で働きたいならその条件に見合った求人だけを探していく。中途半端にあれもこれも、と考えていると年齢がネックになってなかなか条件にあった求人が見つけられなくなってしまいます。また知識とスキルを活かせる職場を探すためには少しでも採用に有利になるよう、よい待遇で採用されるよう自己アピールに力を入れることも必要です。相手側に年齢のマイナス面を感じさせないくらい「この人は即戦力として活躍してくれる」と思わせることができれば再就職のチャンスがグッと近づくはずです。

このように、再就職そのものは難しくないものの、悔いのない再就職のためには心構えから情報収集、転職対策などさまざまな面でしっかりと準備を行っておくことが大事です。

看護師紹介会社ランキング!口コミで評価が高い業者はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師紹介会社ランキングの最新版2位以降をチェックする!<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2020 看護師紹介会社ランキング【※2020年度最新版】 All Rights Reserved.
[科別] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 眼科 耳鼻科 循環器科 歯科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科
[他サイト] 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ おたすけナース カンゴシティ メディカルカフェ メディカルキャスト Medico eナース 介護求人セレクト ナースコンシェルジュ かんごしゴトステーション ジョブデポ ナーススクエア ナースバンク Wメディカル エルユーエス カンゴワークス スーパーナース ナースアシスト メディカルフォレスト 医療21 メディサポ 看護師求人マイサーチ ジョブテン CBネット ナースジャパン プラス看護師 ナースエクスプレス メディカルOne スマイルナース ハートフルナース ナースバンクキャリア かんご畑 ナースキャリア ジョブメドレー 看護seek キララサポート グッピー ナイチンゲール ナース専科 ナースセンター ナース・トータルサポート Win'sハローナース マイサーチ 看護師転職支援.net FAナース とらばーゆ看護 看護ジャパン DODAナース 看護師プロ 医療WORKER 看護師求人ひろば メディカル・ラポール 求人ER メディカルキュービック