オペ室看護師への転職のポイントは?履歴書や志望動機のまとめ方は?

オペ室看護師への転職事情は?履歴書や志望動機のまとめ方は?

オペ室の看護師求人を探す場合の手順は?

オペ室で働く看護師を目指す人は、現在のスキルを確認して転職までの目標をしっかりと設定することが大切です。オペ室勤務の看護師は、将来の職歴や給与条件などを考慮すると恵まれていることが多いため、現在も根強い人気があります。また、オペ室に特化した看護師の求人を探すには、ある程度の手術件数を毎日こなす規模の病院でなければ、実際に探すのが困難な状況です。そのようなことを考えると、看護師求人サイト「ナースフル」のように自分の希望やスキルを確認してくれて転職までアドバイスしてくれる看護師サイトに登録するのが近道になるはずです。

オペ室で勤務することは、今までの看護師の仕事とは違い、患者さんの生命を医師とともに預かる「重責」を担う医療業務だからこそ、やりがいや達成感、看護師としてのスキルアップなどにもつながります。現在、外科、整形外科、眼科などでは高齢化にともない、手術件数が増加する傾向にあります。そのため、オペ室で働く看護師さんを即戦力として募集したいという医療施設を保有している病院も多数ある現状であり、今後のステップアップを考えるのであれば早いうちに行動することが望ましいといえます。 ただし、なかなか自分の力だけでは、最初のステップアップを踏み出すことが難しいこともあります。そのようなときには、看護師求人サイトを利用して自分の希望条件になるべく合う求人を探してみてはいかがでしょうか。勤務時間、勤務内容、休日、スキルアップや給与条件など、なかなか切り出しにくい条件が転職では多くついてまわります。そのようなときには、看護師求人サイト「ナースフル」のような看護師の転職に特化したサイトであれば、専属のキャリアコンサルタントが親身になってくれて転職の相談に乗ってくれるので、かなりスピーディに転職までの道筋を見つけることが出来るようになるはずです。

看護師として、今後オペ室で働きたいと考えている人は、どれだけ自分がその職務に打ち込みたいのか、どのような診療科で働きたいのか、などの方向性を決めてぜひ早いうちに行動してください。急な欠員などが出た場合には、非公開求人で募集されることも多い分野だけに、「ナースフル」のように看護師求人に力を入れているサイトに登録しておいて、推薦を受けて応募する方が、一般の求人から探すよりもスピーディに希望した条件を見つけることが出来るはずです。ぜひ、第一歩を探してみて下さい。

オペ室の看護師の役割・仕事内容は?

看護師で一般的なのは「病棟」で働く看護師でしょう。病棟勤務の看護師は個人的に病院へ行った際にも見た事がある方がほとんどでしょうが、患者さんの管理などさまざまな仕事をしています。病棟の看護師とは全く異なる看護師が「オペ室」で働く看護師になります。オペ室というといわゆる「手術室」になりますが、映画やドラマで見る様な、メスなどを用意している看護師がオペ室で働く看護師になります。しかし実際には、言われた器具を渡すだけのような簡単な仕事ではありません。

オペ室の看護師の仕事内容は大きく分けて「器械出しや器械整理」と「外回り」の二つになります。前者が主にオペ室内で行なう仕事になります。手術で使用する器械の調整や整理などを行なう作業、そして執刀医に要求される道具を渡す事です。手術道具を渡す仕事に関しては言われてから渡すのでは遅いので、行なう手術の大まかな流れをしっかりと知識として入れておく事が大切になります。そしてまったく同じ名称で違う道具もあります。例えば「ハサミ」と言われても物はいくつかあるので、どの道具なのかの判断は看護師がしっかりと事前に確認し、状況を理解していなければなりません。外回りの仕事内容は、手術中に急に必要になった道具を用意したり、ガーゼの数の確認などをしっかりと行い、患者の体内に置き忘れていないかのチェック等を行なったりする事が必要になります。

手術中の患者の状態を把握するのもオペ室の看護師の仕事の一つになります。患者によっては体調が良くなくても伝えないケースがある為に、看護師の方がしっかりと確認し、医師に代弁する必要があるのです。もちろんこれら以外にもさまざまな仕事の内容がありますが、とにかくオペ室の看護師の仕事は「責任」が重大な仕事になります。看護師の仕事によって患者の命にもトラブルにも関係してきます。そして一見病棟の看護師と比較すると社交性がなくても出来そうと思われがちですが、コミュニケーション能力が非常に必要になるのがオペ室の看護師なのです。

オペ室の看護師と病棟の看護師では仕事内容も給料も異なってきますが、オペ室の看護師へ転職を希望する方は珍しくありません。まずオペ室の看護師に転職する際にはより良い職場を見つける為に「ナースフル」を利用する事をおすすめします。ナースフルは転職サイトで数多くの求人情報があり、転職のサポートを行なってくれるので便利です。上手に活用するといいでしょう。

オペ室の看護師のやりがい・魅力は?

オぺ室看護師は知識に加えて、毎日緊張感の中で業務にあったっています。精神的にもハードといえる職場といえます。しかし、その一方給与の面では、それに見合った十分な収入を得ることができていないという意見も耳にします。現場で働いているオペ室看護師はいったいどんな点をやりがい、魅力と捉えているのでしょうか?

多くのオペ室看護師がやりがいとして挙げていることの中に、達成感というものがあります。オペにはさまざまな課の手術がありますが、中には難易度が高く、難しいといわれる手術があります。豊富な知識をえている看護師の方たちでもこうした手術に立ち会う機会では、いつも以上に緊張するといいます。医師と共に自分の責任ある仕事をこなし、無事成功ともなれば、その達成感は高く、やりがいとなっているようです。

また、手術後の患者さんの回復経過や患者家族の喜ぶ姿を見るのも、またオペ室看護師のやりがいであるといいます。手術前に心配していた患者や家族が手術成功で喜びを顔いっぱいに表して、本当の安堵の表情を見せた時の充実感はオペ室看護師ならではといえるでしょう。他にも、医師に頼りにされる、仕事でキャリアップを感じられる、日々学ぶという姿勢になれる、命の大切さを実感できるといったことがやりがいとなっているという意見もあります。オペ室看護師は、患者さんに対しても、自分に対しても満足の得られる職場といえます。

オペ室看護師は、新人看護師の憧れでもありますが、誰にでもなれる看護師というわけでもありません。重圧ともいえる責任がのしかかり、緊張感の中でミスが許されない業務を毎日こなしていくわけですから、相当な精神的強さを求められます。安易な気持ちだけでできるものではありません。

しかし、今の職場環境や自分の立場に満足できずに、やりがいや、魅力を得ることのできる環境にぜひチャレンジしたいという方もいることでしょう。キャリアアップという観点から、オペ室看護師になりたいと思う方もいるでしょう。そういったやりがい度の高いオペ室の看護師への転職を考えているなら、やはり看護師専門の求人サイトに登録をおすすめします。看護師求人では、科目ごとに限定して求人を探すことができます。自分にふさわしいやりがいのある仕事も簡単に見つけることができるのです。公開求人もありますが、条件の良い求人は非公開のことも多いので、まずは登録し、閲覧することから始めてみてください。

オペ室の看護師の給料は?

看護師の勤務先として「病棟」や「デイサービス」などといった様々な職場がありますが、病棟の看護師の中でも比較的平均給料が高い職場としてはオペ室、つまり手術室の看護師になります。

オペ室の看護師の平均給料はだいたい500万円弱と言われています。そしてそれ以上の年収になる事も十分に期待する事が出来るのですが、オペ室の看護師の給料が高くなる要因としては夜勤や残業の手当が著しくつくからでしょう。一般的な病棟関係の看護師もそれなりの夜勤や残業がつくこともありますが、オペ室の看護師には及ばないくらいのものなのでしょう。オペ室の看護師は給料をトータルで見ると高く見える事が多いですが、基本給自体はさほど高いわけではありませんので、ボーナスの額はそこまで期待する事が出来ないかもしれません。

それとオペ室の看護師の手当に含まれる内容としては待機料です。オペ室看護師は夜中に呼び出され、その間待機する事も必要になってくる事があります。すなわちオペ室看護師は呼び出されてすぐに駆けつける事も出来なくてはなりません。待機料もありますし、他には「危険手当」という手当もつきます。イメージしたとおりの事でしょうが、オペ室の仕事は一般的な看護師の仕事より「危険」な内容、そして責任重大な仕事でもあります。

夜勤や残業、待機や危険手当などさまざまな手当が含まれることで、高い平均年収が構成されます。オペ室の看護師は看護師業務の中でも特殊な仕事に該当する為、オペ室看護師を続けていると一般的な看護師業務が困難に感じるという特徴もあるそうです。しかしこういった特殊な勤務に関してはさまざまな手当がつきますし、長期的に勤務することによって給料の向上も十分に期待する事が出来ます。給料が上がってくると600万円以上の年収も夢ではないでしょう。看護師の中でも比較的高い給料を期待する事が出来ますのでまだまだ人気のある看護師の職種と言えますね。ただ必要以上に責任感を感じてしまったり、オペの雰囲気が苦手だったりという方には不安な面がある職種とも言えます。

それでも看護師としてのステータスを高める事が出来る職種ともいえますので、多くの方が転職を考えているでしょう。オペ室の看護師に転職するためにはまず「ナースフル」を利用する事がおすすめです。ナースフルには数多くの看護師の求人情報があり、転職のサポートをしっかりと行なってくれます。興味がある方はぜひナースフルを利用してみてはいかがでしょうか。

オペ室の看護師の転職の履歴書の書き方は?

オペ室への転職の履歴書は、これまでの経歴によって採用されることが多いオペ室では非常に重要視される項目です。面接までたどり着くためにも、履歴書、職務経歴書が評価されることになるので、性格や志望動機、これまでの実績などを正しく記載し、なるべく他の応募者よりもプラスに働くように準備しておくことが肝心です。オペ室応募の履歴書や職務経歴書の書き方のテクニックについては、ナースフルのような看護師求人の実績が多くあるサイトで色々とアドバイスしてくれるので、非常に心強いといえます。

オペ室での看護師業務としては、基本的にどの病院でもこれまでに経験がある「即戦力」を求める傾向にあります。そのため、新しい職場で自分のこれまでの経験や実績をどのように役立てられるのか、履歴書からもしっかりとうかがえることが大切です。また、経験以外にも、なぜオペ室を選んだのかということが伝わるような内容の方が、当然ながら採用担当者の目を引くことになります。このあたりの履歴書の書き方のコツは、専属のキャリアコンサルタントがアドバイスしてくれるので、事前にしっかりと準備して魅力的な内容に仕上げておくと、より書類選考での通過率を高めることにつながるといえます。

オペ室は、非常に専門的な業務であるため、精神的にもある程度の強さがなければなりません。そのことを履歴書でもある程度は伝わるようにしておくことがよいでしょう。夜勤がある職場などでは、本当に長く働くことが出来るのか、などが採用担当者にとっては不安要素となってしまうので、不安を払しょくできるような内容に仕上げておけば、他の応募者よりも有利になります。

基本的に、看護師の転職の場合は、転職のための履歴書の書き方がフォーマットとなって用意されているので、それを参考にして必要な情報を書き込めるようにしておけば、不安を少なくすることにもなります。また記入内容や書き方で不安がある場合には、事前にキャリアコンサルタントに相談して、より充実した内容に仕上げておくことをお勧めします。実際に経験した内容だけでなく、これまで体験したことなど、オペ室で働くために何かプラスになることは積極的に書き込んでおくとよいでしょう。少しでも他の応募者と差別化を図り、オペ室で働くのにふさわしい看護師であることを示せるようになれば、自然と看護師業務としてはプラスとして評価されるので採用されやすくなるでしょう。

オペ室の看護師の転職の志望動機の書き方は?

オペ室で勤務する志望動機としては、看護師の中でも人気のある職場であり、多くの人にとっては圧倒的にスキルアップにつながる、などの理由が中心になっています。実際に、看護師の職務の中でオペ室での勤務があることで、看護師としてその後のキャリアにつながることも多くありますし、他の看護師よりも給与などの待遇で恵まれているということがあります。もちろん、看護師として「人の役に立ちたい」という医療従事者としての気持ちを持つことも志望動機では重要になってきます。

特に、新人でオペ室を希望する看護師にとっては、この志望動機が重要になります。オペ室は想像よりもハードな職場であり、心身ともに充実した状態であることが望まれます。体力的にも夜勤がある場合にはきつくなりますし、救急医療などを担当するようなときには、人の生命に関わることもあります。そのようなときに動じることなく、しっかりと職務を遂行できるのか、ということが、採用のときに問われる重要なポイントです。

志望動機は、書類選考のときにまずチェックされることになるので、ナースフルのような看護師求人サイトに登録して、キャリアコンサルタントに事前に相談しておけば、入念な準備をすることができます。不安要素がある人は、志望動機を明確にすることによって、面接などの心理的な準備をすることもできますし、もう一度、自分がなぜオペ室で働きたいのか、という気持ちを明確にすることができます。このあたりの条件をきちんと整理しておけば、オペ室で働くための道筋が自然とはっきりすることでしょう。志望動機は、長期的に働くうえで非常に大切な項目であり、最終的には自分の気持ちがどのような目的に向いているのか、ということにかかってきます。そのため、ある程度明確にしておいた方が、就職後も進むべき方向性を明確にすることができます。

志望動機の書き方などは、キャリアコンサルタントがサポートしてくれるので、必要以上に不安に思わなくても大丈夫です。非公開求人などで欠員が出た診療科目に応募するときなどは、なぜその科目を選んだのか、など明確な意識がある方がプラスに評価されます。転職のためのテクニックなどについても、ナースフルなど実績が豊富な看護師転職サイトではたくさん紹介しているので、ぜひとも転職のコツを役立てて、目的のオペ室への勤務を実現してください。

オペ室の看護師のメリット・デメリットは?

人を助ける仕事がしたい、と志願してはいってくる看護師は向上心が強く、理想の職場環境を求めています。新人として仕事をはじめて、明るい未来を思い描いていたとしても、現実は展望どおりにはいきにくいものです。本当に選んだ病院が、自分に合っていたのかと、自問自答する時があります。時間が経過するにつれて、疑問が確信にかわるといよいよ、職場の移転を考えはじめるのです。

患者さんの生死の境を間近でみるのは、看護師においては特に、オペ室看護師と呼ばれる人々でしょう。看護師らは執刀医を筆頭とする手術チームのメンバーとなり、執刀医や麻酔医、臨床工学技師のサポート的役割をもちます。患部に刃をいれるメスなどの器具を瞬時に渡したり、執刀医の両手がふさがってしまったフォローをしたりと、即決の判断力が求められる業務を担当します。手術室の準備をしたり、術前や術後の患者さんの容態を確認したりする、外回りの雑用係もオペ室看護師の役目です。術中は記録をとったりする仕事もあります。

病院の中核ともいえる手術室でのオペ室看護師ですが、手術の時間は気の休まるときがありません。一瞬のすきでさえ、みすごせない過酷な現場での、チームの一員となるのです。しかしそれとは反対に、看護師としてのモチベーションは上がっていきます。専門的な手術の知識が身に付くだけではなく、精神的にも仕事にやりがいを持つことができます。また、手術室での勤務となりますので、病棟や外来といったところで働いていた時と違った経験ができます。今まで専門的知識を身に付けることが困難だったとしても、オペ室で働くことになれば専門的分野に強くなることができ、手術看護認定看護師といった資格まで取得することができます。オペ室での勤務を積み重ねることでキャリアアップにもつなげることができメリットといえる点です。

また、通常業務であると、夕方までの定時で帰れるのが、オペ室の仕事の特徴です。短時間であろうと、長時間であろうと、手術の日程はあらかじめ組まれますから、わざわざ深夜などの時間外におこなうことはめったにありません。空いている日を選んで、定時内の枠に収めるのが普通です。しかし、突然の呼び出しがあると、時間外や休日であろうと関係ありません。急患が運ばれた時点で、手術に突入しなければなりません。普段はゆとりがあっても、いつ緊急時になるかわからないというデメリットもあります。出勤日以外でも、ゆっくりくつろげないというのは、仕事柄仕方のないことなのです。

オペ室の看護師の人気はどう?

日本国内には数多くの総合病院や専門医療を施していくクリニックが存在していますが、そこでは程度の差はありますが日常的に患者さんに対するオペが行われます。実はその看護師さんの間でも、そのオペに専門的に従事するスタッフが存在しているのは意外に知られてはいません。一般的に彼らはオペ室看護師と呼ばれ、勤務のほぼすべてを患者のオペやその関連業務に対して時間を費やして行くのです。

かつて医療機関における看護師さんの立場と言うのは、医療行為を行う医師の駒仕え的な位置に取らえられていた時代もありました。しかし、今では看護師さんの存在なしには医師も満足した医療を施せない歩ほどの存在となっています。それは各種医療も非常に専門性が高くなり、それをサポートする看護師にも各治療分野におけるスペシャリストが求められるようになりました。そんな中でも患者のオペをトータルでサポートして行くオペ室の看護師は、まさに専門的な看護師と言うことができるので今後もそのニーズは高まって行くと見られているでしょう。

ところが、このオペ室看護師の人気は看護師さんの間では絶対的に高いと言う訳ではなさそうです。それには、いくつかの合理的な理由が存在しています。

・看護師としての本来業務であると認識されている臨床経験を積むことができない。
・日常的な患者とのコミュニケーションを行うことができない。
・長期間オペ看護師として勤務を続けると、いざ病棟勤務になった時に適応できない。
・看護師自体がオペ看護師への理解が不十分な面もある。

最近は麻酔科医に関する漫画作品も存在していて、その中でオペ室における看護師の役割もクローズアップされていることで以前よりはオペ室看護師への理解も高まったと言うことができます。

しかし、そのオペ室といった閉鎖された空間での業務に拒否感を示すナースも多く、日常的に患者さんとの交流によって臨床レベルを高めて行く認識を持っている看護師にとっては受け入れにくいポストと感じられるようです。それにより、先に病棟勤務を数年経験した後にオペ室における勤務を始めることが妥当であると考える看護師も決して少なくはないでしょう。

その一方で、オペ室の看護師として勤務した経験のある看護師さんにとっては、その非常に高い専門的職性の魅力に取りつかれてしまう方も多いようです。そして、それをきっかけにスペシャリストとしてのオペ室看護師を目指していく方も増えて行きます。さらに、その中には『手術看護』分野の認定看護師として発展して行く方も出てきているのです。今後、このオペ室における看護師の重要性が更に認識されることになれば、その人気は急速に上昇して行くことも十分に考えられますよ。

さて、この潜在的な人気を持つと思われるオペ室の看護師へのキャリアアップを果たしていくのであれば、転職サービス等に無料登録をぜひ進めて行くことにしていきましょう。まだまだ人気が沸騰していない現在であれば、理想的な職場も見つけやすいことでしょう。

看護師紹介会社ランキング!口コミで評価が高い業者はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師紹介会社ランキングの最新版2位以降をチェックする!<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2020 看護師紹介会社ランキング【※2020年度最新版】 All Rights Reserved.
[科別] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 眼科 耳鼻科 循環器科 歯科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科
[他サイト] 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ おたすけナース カンゴシティ メディカルカフェ メディカルキャスト Medico eナース 介護求人セレクト ナースコンシェルジュ かんごしゴトステーション ジョブデポ ナーススクエア ナースバンク Wメディカル エルユーエス カンゴワークス スーパーナース ナースアシスト メディカルフォレスト 医療21 メディサポ 看護師求人マイサーチ ジョブテン CBネット ナースジャパン プラス看護師 ナースエクスプレス メディカルOne スマイルナース ハートフルナース ナースバンクキャリア かんご畑 ナースキャリア ジョブメドレー 看護seek キララサポート グッピー ナイチンゲール ナース専科 ナースセンター ナース・トータルサポート Win'sハローナース マイサーチ 看護師転職支援.net FAナース とらばーゆ看護 看護ジャパン DODAナース 看護師プロ 医療WORKER 看護師求人ひろば メディカル・ラポール 求人ER メディカルキュービック