障がい者施設看護師の年収や仕事内容・転職する方法は?

障がい者施設看護師の年収や仕事内容・転職する方法は?

障がい者施設の看護師の年収・給料相場は?

一般的な傾向として介護・福祉施設で働く看護師は病院に比べて年収・給料相場が低いといわれます。とくに介護の分野ではどの施設も経営状況の都合で人件費を抑制せざるを得ない環境になっており、基本給はもちろん、昇給の面でも病院勤務に比べると不利になるのです。この点は障がい者施設でも同じことが言えますが、一方で他の介護・福祉施設に比べて事情が異なる面もあります。

まず基本給に関しては転職したばかりの段階で18〜25万円程度のところが多く、やはり病院勤務に比べるとやや低めです。病院から障がい者施設への転職を目指す場合には大半のケースで年収ダウンを覚悟する必要が出てきます。障がい者施設で働く看護師は待遇や就業環境よりもやりがいを重視して職場を選ぶ必要があるといわれますが、この点は収入面でもいえるわけです。

また、入職後の昇給・昇進の面でも不利な面があります。未経験・新卒でも採用されやすい職場といわれる障がい者施設ですが、それは医療行為に携わる機会が少なく、健康管理や看護業務が多いからです。基本的な仕事が多いので未経験でも対応しやすいわけですが、その分仕事を通して専門的な知識とスキルを身につけていく機会が少なくなります。病院には放射線科やオペ室、がん治療、救急救命といった診療科のように働きながらキャリアアップを目指していける部署が多く、昇給・昇進の可能性が広がっています。それに対して障がい者施設ではそうしたチャンスそのものが限られているのです。キャリアの面でも主任や婦長、看護部長といった昇進ルートがある病院に対して障がい者施設ではルートがごく限られています。

ただ、このようなマイナス材料だけでなく、収入をアップさせる要素もいくつかあります。その筆頭が夜勤です。介護・福祉関連の施設は夜勤が少ないところが多く、それが就業環境面のメリットになるのに対し、夜勤手当が少なくなることから収入面ではデメリットとなっています。障がい者施設では看護師が夜勤を担当する機会も多く、基本給に加えて夜勤手当による収入が期待できるのです。

もうひとつ重要なのが危険手当です。精神科の病棟でも支給される手当ですが、障がい者施設では入居者から暴力や暴言を受ける危険性があるため、それに対してこの手当てが支給される場合があります。ただ支給されるかどうか、支給額がどの程度かは施設によって異なるので事前の確認が欠かせません。

大まかな年収水準では各種手当ても含めて320万〜400万円くらいとなるでしょうか。収入にプラスアルファ、働く魅力やメリットを見いだせるかどうかがポイントとなりそうです。

障がい者施設の看護師の仕事内容・役割は?

障がい者施設で働く看護師は日ごろどのような業務を担当しているのか、外部からはなかなか情報が見えてこない面があるため、就職・転職を検討する際にはあらかじめしっかりと確認しておくことが大事です。

よく言われるのが医療行為に携わる機会が少ないこと。病院で行うように医師の治療の補助や注射などの直接的な医療行為、検査といった業務は緊急の場合を除けば行われません。そのため治療に伴う精神的なプレッシャーや医療行為や機器を扱うための技術・知識が問われることはありません。未経験からでも採用されやすいといわれるのもこうした環境があるからです。

主な仕事内容は日常の看護・介助と健康管理です。施設に入所している障がい者はさまざまな事情で自立した生活に支障をきたしてしまっています。ですからそれをサポートするためのさまざまな業務が看護師に求められます。介助の仕事は介護福祉士など他のスタッフが担当することも多いのですが、看護師もサポートとして行うケースも少なくありません。そのため体力と腕力が求められる面もあります。

しかも障がい者によって不便を感じている部分、サポートを必要としている部分が異なりますから、入所者ひとりひとりの事情に詳しく把握し配慮したうえで適切な業務を行うことが求められます。過剰なケアは障がい者のプライドや尊厳を損なうことにもなりかねないので避けなければなりません。そのためにも日々の業務におけるコミュニケーションを通して障がい者と信頼関係を築き上げていくことも大事な仕事内容となります。

健康管理では体温、脈拍といった基本的なバイタルチェックと健康状態の確認が原則として毎日行われます。リハビリを行っている施設ではそれが可能かどうかを健康状態から判断する役割も担うことになります。知的障がい者をはじめ、障がいを抱えている方は自分の健康状態をうまく表現できないケースもあるため、看護師による客観的な把握が非常に重要な意味を持ってくるのです。

こうした仕事内容に加えて先に少し触れた障がい者とのコミュニケーションと信頼関係の構築が大事な役割となります。障がい者の中には自分の環境への絶望感や憤りから自分の殻に閉じこもってしまったり、他人に対して攻撃的になってしまうといったケースもあります。スタッフが暴言や暴力をうける可能性もあります。そうした状態を日々のコミュニケーションを通して改善していく。介護スタッフとも連携しながらこうした役割を担うことも求められています。

障がい者施設の看護師のよくある悩みは?

障がい者施設で働く看護師は就業環境・待遇の両面で悩みを抱えることが多いようです。医療機関から転職した場合には業務内容や障がい者と接する際の注意点、ルールといった環境面の変化に悩まされるケースが多いのですが、その後仕事に慣れていくにつれてまた違った悩みが出てくるのが大きな特徴です。

障がい者施設で働く看護師のほとんどが抱える悩みが入所者との信頼関係の構築と距離感です。障がい者とどう接したらよいのか、障がいについてどこまで踏み込んでいいのかといった問題は看護師に限らず難しい面ですが、障がい者施設で働く看護師は入所者と日ごろから深く接する機会が多くなるだけに戸惑う機会が多くなります。身の回りの世話をする場合に相手のプライドや尊厳を傷つけずに必要な業務を行う必要がありますし、知的障がい者の場合はうまくコミュニケーションをとることができないという悩みもあります。

さらに病院施設との大きな違いは回復を前提に入所しているわけではないこと。そのため入所者の中には悲観的になったり、障がいによって思うように自立した生活が送れなくなっていることに憤りや苛立ちを覚えているといった精神状態の問題を抱えているケースが少なくありません。そのため、日々接していく中でトラブルが生じてしまうこともでてくるのです。八つ当たりのような形で怒鳴られたり、嫌味を言われるといったことも多く、そうした人間の弱い一面を受け入れていく精神面の強さが求められる仕事でもあります。この点は看護師が我慢すればよいという問題ではなく、トラブルを改善するためにはどのように振るまえばよいかを考える必要もありますから、いろいろと悩むことが多くなるのです。

待遇面の悩みもよく見られます。病院に比べて給料が安いのがまずひとつ。この職場は給料よりもやりがいを求めている看護師に向いているといわれますが、病院で働く看護師よりも平均年収にして50〜100万円くらいは低い水準を覚悟しなければなりません。

それ以上に悩みの種となるのが将来のキャリアです。障がい者施設の看護師は医療行為を携わる機会は少なく、健康管理や介助といった日常的な業務がメインとなります。そのため仕事を通して専門的な知識・スキルを身につけていく機会が少なく、将来的に医療機関への転職を目指す場合に不利になってしまうのではないか、という不安を抱えやすくなります。こうした点からも本当にやりがいが感じられ、自分に適性があると確信できる方に向いた職場といえるでしょう。

「障がい者施設」の分類は?

「障がい者施設」とは障がい者が介助や訓練を受けるための施設の総称ですが、世間一般では理解しやすい名称である一方、少々大雑把過ぎる面もあります。どんな障がいに対して、何を目的にサービスを提供しているかによってたくさんの種類に分類されています。簡単に考えても知的障がい者と身体面に障がいを負っている方では受けるサービスがまったく異なることが容易に理解できるはずです。この障がい者施設の種類や分類は当然働く看護師の待遇や就業環境にも大きな影響を及ぼします。

まず大きく入所型と通所型に分けることができます。日常生活全般を施設で過ごすか、入浴や健康診断など必要とするサービスを通いで受けるか。障がい者の健康状態や家庭環境によってどちらを利用するかが判断されます。

それから障がい者の種類・分類によっても施設を分類することができます。知的障がいに代表される先天的な障がいを持っている方を対象にした施設と、怪我や病気、高齢などによって後天的に障がいを負った方を対象にした施設です。とくに現代社会では特別養護老人ホームに代表されるように後天的に自立した生活を送るのが困難になった高齢者を対象にした施設の需要が急増しています。看護師の求人もこの施設からのものが多くを占めている状況です。

また、どのような目的で障がい者が利用するのかによっても分類が可能です。具体的には自立した生活が困難なため食事、排泄、入浴といった日常の介助を受けるための施設と、リハビリや機能訓練を通してできるだけ自立した生活を送れるよう、あるいは社会復帰が出来るよう必要なサービスを提供する施設の2種類に分けることができるのです。この分類は前者が入所型、後者が通所型に多い傾向も見いだせます。

入所型の場合はさらに障がいの程度や本人・家族の希望に合わせて提供するサービスの違いによって分類する方法もあります。ケアハウスやケアホームのように比較的経度の障がいの方を対象にした施設やグルーフムホームのように共同生活を送れるよう支援や訓練を行う施設などがあります。

他には就労支援を目的とした施設も障がい施設に分類することができます。障がいが理由で通常の企業・事業所に就職・復職するのが困難な方を対象に就労に役立つ知識や技術を身につける訓練を行う施設です。

このように、障がい者施設の分類は非常に細かく、看護師が転職先として求人情報を探す際にはそれぞれの施設がどういったサービスを提供しているのかをよく把握しておくことが重要です。

障がい者施設の看護師の志望動機の書き方は?

障がい者施設への転職を目指す場合には志望動機の書き方にひと工夫が必要です。非常に特殊な環境での勤務となりますから、具体的な業務内容をできるだけ把握したうえで自分に適性があることをうまくアピールしていく必要があるのです。

看護師の志望動機では本音と建前の使い分けが重要とよく言われます。とくに転職の場合には厳しい就業環境や低い給料相場から退職したケースが多く、本音で志望動機を書くわけにはなかなか行きません。それだけに説得力と自己アピール力の両方を備えた建前をうまく作り上げていく必要があるのです。この点からも障がい者施設で自分がどんな役割を担うことができるのかをできるだけ詳細に説明できるようにしておきたいところです。

第一のポイントはなぜ障がい者施設に転職しようと思ったのか、どんな点に魅力を感じたのか、その理由を盛り込むこと。看護師の就職先の中ではかなり特殊な選択肢となるわけですが、何か特別な理由があるはずです。その理由によって採用担当者はその看護師が障がい者施設で働くメリットとデメリットをきちんと踏まえたうえで応募したのか、シフトが楽だからといった安易な理由で応募したのかを判断することになります。

それから自分の適性のアピール。これは第一のポイントとも深く関わってくるもので、どんな点に魅力を感じたのかを明らかにしたうえで自分に向いている職場だと判断したことをしっかりと伝えましょう。たとえば「これまでのキャリアから自分は患者さんとのコミュニケーションが得意だとわかったので障がい者の方との仕事に向いていると思った」「体力に自信があるので介助作業など力仕事が伴う職場に向いていると思った」など、自分がアピールしたいポイントをうまく盛り込みながら障がい者施設の仕事内容に踏み込んでみましょう。

あとは将来のビジョン。看護師の就職先としてはかなり特殊な部類に入る障がい者施設の場合、その後別の職場に転職するのがなかなか難しい面も出てきます。その点も踏まえた上で長く働く気があること、その職場で将来的などんな役割を担いたいのか、看護環境をより充実させるためにどのようなことをやっていきたいのかといった意欲を伝えられる内容を考えてみましょう。

加えて見学や面接など初めて施設に訪れた時の印象も加えておけば万全です。何はともあれまず障がい者施設で働く看護師の環境についての情報を入手しておくこと。そこを基点に自分に合った志望動機を組み立てていくことが大事です。

障がい者施設の看護師のやりがいは?

看護師が転職に成功するための秘訣はやりがいを感じられる職場を見つけられるかどうか、そのため障がい者施設への転職を目指す場合には待遇や就業時間といった環境面だけでなく、自分がやりがいを感じられる職場かどうかを見極めることが大事です。障がい者施設の情報はなかなか入手するのが難しいだけに転職活動におけるひとつのテーマといえます。

障がい者施設で働く看護師にとってもっともやりがいを感じられるのは「世の中に役に立っている」という自意識・満足感でしょう。障がい者の社会参加、就労支援といったテーマが社会全体で掲げられている一方、それに相応しい環境が整っているかと言われると疑問符をつけざるを得ません。この「誰かがやらなかければならない」ことを自分が担っている、という意識は大きなやりがいとモチベーションをもたらしてくれることでしょう。

それから利用者ひとりひとりとの距離が近く、密接な関わりの中で看護やサービスを行っていく環境も挙げられるでしょう。この点はデメリットと背中合わせで、思うようにコミュニケーションがとれずに悩んでしまうケースも少なくないのですが、だからこそうまく信頼関係を築くことができた時の喜びや達成感もひとしおです。頼られている、信頼されているという意識は頑張ろう、という強いモチベーションになります。利用者との関わりが長期間に及ぶ点も挙げておくべきでしょう。子供向けの障がい者施設なら施設の子供たちが成長していくのを見守る楽しみ、喜びも味わえます。

障がい者施設の中には機能訓練や就労支援を行っているところもあります。障がいを抱えた方が努力して克服し、社会の一員として生きていこうと頑張っているのを支えることができるのもこの職場で働く看護師の大きな喜びです。障がい者施設というと医療機関と違って回復の見込みがない利用者を対象とするのでやりがいが感じられないといった意見もありますが、決してそのようなことはなく、回復が難しい障がいを背負っているからこそそれを受け止めた上で生きていく、そんな利用者の生きがいを支える喜びもあるのです。

確かに、コミュニケーションが難しい、体力的にも負担がかかるといったマイナス面はありますが、それがそのままやりがいにも結びついているのが障がい者施設で働く看護師の特徴です。世間で言われているマイナスイメージが本当に自分にとってマイナスなのか、それともモチベーションの源になるような要素なのか、よく検討したうえで判断することが求められます。

障がい者施設の看護師はアルバイトが多い?

障がい者施設の看護師の雇用形態はどうなっているのか、なかなか情報を得るのが難しい面もあります。全般的な傾向として介護・福祉関連の施設で働く看護師はアルバイトが多いのですが、障がい者施設の場合は少々事情が異なります。

実際に障がい者施設からの看護師の求人を調べてみると常勤看護師としての募集が圧倒的に多く、アルバイトの募集は限られています。常勤看護師の求人5に対してアルバイトの求人が1もあればよいところでしょうか。これは介護・福祉関連施設だけに限られた話ではなく、すべての看護師の職場をひっくるめてもアルバイトが少ない環境といえます。

どうしてアルバイトが少ないのか、それには障がい者施設ならではの事情もあります。医療行為に携わる機会が少ない職場のため未経験や新卒でも採用されやすい職場の一方、採用されてから職場になじむまでに時間がかかる面があります。知的障がい者をはじめ障がいを持つ方たちを相手に看護を行っていくには医療機関での勤務とはまた異なる難しさや知っておかなければならない知識が多いのです。こうしたことはとくに難しいものではないものの、実戦経験を積みながら身につけていく必要があるため、1日3〜4時間、週3日程度のアルバイト勤務では適応するのが難しい面があるのです。

また、障がい者施設ならではの事情もあります。病院とは異なり回復の見込みがない方に対して介護や看護、介助を行うのが障がい者施設です。そのため看護師は入所者と長期間にわたって接する環境で働くことになります。この点は介護施設とも共通していますが、障がい者施設の場合は入居者との間に信頼関係を築き上げるのがより難しい面もあります。知的障がい者の方はもちろん、障がいが原因で精神面の問題を抱えてしまっている方がいることも多く、時間をかけて関係構築に勤めなければならないのです。また、入居者の立場からすると看護師の都合でコロコロ担当者が変わる、自分がいて欲しい時に看護師がいてくれない施設は決してよい施設とは思えないでしょう。この点からもフルタイムで長く働いてくれる常勤看護師が求められる理由となっています。

こうした事情から障がい者施設の看護師はアルバイトが少なく、基本的には常勤看護師としての転職が前提となります。アルバイトで働きたい場合には情報収集をしっかり行うこと、また病院と比べて時給が少々安くなる点を覚悟したうえで限られた選択肢の中から自分に向いたところを探していくようにしましょう。

障がい者施設の看護師の夜勤は?

看護師が就職・転職先を探す際に重要なチェックポイントとなるのが夜勤を巡る環境です。人手不足の施設では連日のように夜勤を担当させられたり、夜勤と日勤がごちゃごちゃになった負担が多い就業環境で働くことを余儀なくさせるケースが見られます。障がい者施設も入所型の施設では看護師が夜勤を担当する機会もありますが、具体的にどのような就業環境にあるのか、なかなか情報を手に入れるのが難しい面もあるので注意が必要です。

障がい者施設の看護師の夜勤は総合病院や大学病院といった規模の大きな病院に比べると負担が少ない環境にあるといってよいでしょう。人手不足が深刻になっている施設は少ないため、無理なシフトで夜勤を担当させられるといったこともありません。頻度に関しても多くて月4回までのところがほとんど、心身の健康状態に重大な影響を及ぼすようなこともないでしょう。

また、病棟勤務の夜勤は看護師のみで担当するケースが多く、それが精神的な負担になります。ナースコールへの対応はもちろん、急患が発生した時に対応できるのかといった不安・プレッシャーを抱えながら勤務しなければならない面もありますが、障がい者施設では他のスタッフと一緒に夜勤を担当することが多く、また男性のスタッフも多いので精神的な負担や消耗が少ない環境で済みます。この点は見逃されがちですが病棟勤務と大きく異なる重要なポイントといえます。

このように、障がい者施設で働く看護師の夜勤環境は病棟勤務に比べると恵まれているといえるわけですが、メリットばかりではない点も踏まえておく必要があります。まず夜勤手当。病院に比べると障がい者施設で支給される夜勤手当は金額が少なく、1ヶ月に同じ回数の夜勤を担当しても収入が少なくなります。もともと基本給そのものも病院看護師に比べると低い傾向があるため、収入の点で少々不満を感じてしまうのは避けられないでしょう。

それから急患や容態の急変が発生するケースこそ少ないものの、病院に比べて夜勤の間に忙しい思いをするのも大きな特徴です。知的障がい者施設では入所者が急に大声で叫んだり、暴れだすといったケースに対応しなければなりませんし、介助が必要な方が何か用を足す時に呼び出しを受けることもしばしばです。他のスタッフと一緒に夜勤を担当するので精神的な負担が少ない分、体力的な消耗が多くなる面があるのです。こうした夜勤時の就業環境の違いも見ておかなければならないでしょう。

障がい者施設の看護師になるメリット・デメリットは?

障がい者施設は看護師の就職・転職先としてはかなり特殊な部類に入るため、とくに人によってメリット・デメリットが適性に大きな影響を及ぼす傾向が見られます。人によってはメリットが大きな魅力になる一方、別の人にはデメリットが決定的な問題になってしまうこともあるため、事前によく把握しておくことが大事です。

最大のメリットは未経験からでも採用のチャンスが大きい点です。しかも年齢不問の求人が多く、新卒はもちろん、40代、50代での転職も十分可能です。もともと医療行為はそれほど行わず、健康管理や介助といった業務がメインとなるため現場経験で身につけた専門的な知識・スキルや実践的なノウハウがあまり必要とされないのがその理由です。病棟勤務以外の職場へ転職したいという方、新しい職場で再スタートを切りたいといった方には魅力的なメリットとなるはすです。

それからケアを担当する入所者との間に個人的な信頼関係を築ける点も看護師としてのやりがいを感じられるという点で大きなメリットでしょう。障がい者施設では長期間にわたって入所するケースが多く、しかも日常的なケアを行う機会が多くなるのでひとりひとりとの関わりが深くなるのです。

あとは病棟勤務に比べてシフトが厳しくない点。これは介護・福祉施設全般に言えることですが、障がい者施設でも同様です。夜勤の機会こそありますが、病棟勤務ほど頻度も負担も多くないのが一般的です。

一方デメリットの中でももっとも大きいのが入所者との距離が近いというメリットと背中合わせにある入所者との信頼関係の構築です。やりがいを感じられるという点ではメリットなのですが、たとえばコミュニケーションが難しい知的障がい者との関わりや長期間入所している入所者の精神状態のケアなど難しい面も出てきます。回復の見込みがないことから精神的に扱いが難しい入所者もいるため、それがやりがいを通り越して負担や悩みをもたらしてしまうこともあります。

キャリアの不安も無視できないデメリットです。医療行為に携わる機会が少ないメリットは専門的な知識・スキルを身につける機会が少ないデメリットにもなります。将来的に医療機関への転職を考えた際に障がい者施設でのキャリアが評価されない可能性もあるのです。

このように、障がい者施設で働く看護師にはメリットとデメリットが背中合わせに存在している部分があるため、自分にとってどうか、の判断も重要なポイントとなってくるでしょう。

看護師紹介会社ランキング!口コミで評価が高い業者はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

>>看護師紹介会社ランキングの最新版2位以降をチェックする!<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2020 看護師紹介会社ランキング【※2020年度最新版】 All Rights Reserved.
[科別] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 眼科 耳鼻科 循環器科 歯科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科
[他サイト] 看護師転職ドットコム ナーススタイルTV ナースパートナーズ おたすけナース カンゴシティ メディカルカフェ メディカルキャスト Medico eナース 介護求人セレクト ナースコンシェルジュ かんごしゴトステーション ジョブデポ ナーススクエア ナースバンク Wメディカル エルユーエス カンゴワークス スーパーナース ナースアシスト メディカルフォレスト 医療21 メディサポ 看護師求人マイサーチ ジョブテン CBネット ナースジャパン プラス看護師 ナースエクスプレス メディカルOne スマイルナース ハートフルナース ナースバンクキャリア かんご畑 ナースキャリア ジョブメドレー 看護seek キララサポート グッピー ナイチンゲール ナース専科 ナースセンター ナース・トータルサポート Win'sハローナース マイサーチ 看護師転職支援.net FAナース とらばーゆ看護 看護ジャパン DODAナース 看護師プロ 医療WORKER 看護師求人ひろば メディカル・ラポール 求人ER メディカルキュービック